糖尿病専門医に聞いてみた

Zero-carbohydrates.jpg ニュース

「糖質ゼロ」「糖質オフ」「糖質カット」の中で“血糖値が上がる”のは?

 昨今、お菓子やジュース、ビール、パスタ、パンなど
あらゆる食品で見かけるようになった
「糖質ゼロ」「糖質オフ」「糖質カット」といった表示。
血糖値を気にしている人からすれば、どれも心をひかれる
表示だと思いますが、実はこの中に、血糖値が「上がる」
可能性のあるものが潜んでいることをご存知でしょうか。

 正しく知っておきたい「糖質ゼロ」「糖質オフ」「糖質カット」
の違いについて、著書に「血糖値を自力で下げるやり方大全」
(フォレスト出版)がある、内科医・糖尿病専門医の
市原由美江さんに聞きました。

「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」も異なる
Q.ずばり、「糖質ゼロ」「糖質オフ」「糖質カット」の中で、
血糖値が上がる可能性のあるものはどれですか。

市原さん「炭水化物は『糖質+食物繊維』ですが、血糖値を
上げるのは糖質です。食物繊維は血糖値を上げません。

『糖質ゼロ』『糖質オフ』『糖質カット』の中で、血糖値を
上げる可能性があるのは『糖質オフ』と『糖質カット』です」

【糖質ゼロ】

100グラム当たり0.5グラム未満の場合、「糖質ゼロ」と
表示できます。糖質0.5グラムは血糖値にほとんど
影響しないため、血糖値を気にせずに食べても問題ありません。

【糖質オフ・糖質カット】

「糖質オフ」は、“糖質が控えめ”であることは伝わる表示ですが、
どの程度少ないのかは分かりにくいです。
例えば、「糖質50%オフ」などの表現であれば参考になりますね。
「糖質カット」も同様です。

なお「糖類オフ」の基準はありますが、「糖質オフ」の基準は
定められていません。よって、栄養成分表示の「糖質」
または「炭水化物」の表記を確認して参考にするしかありません。

Q.ちなみに、中には「糖類」の表示も見受けられますが、
例えば「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」はどう違うのでしょうか。

市原さん「『糖類』とはブドウ糖や砂糖のことです。
つまり、『糖類ゼロ』であればブドウ糖や砂糖は使われて
いませんが、その他の糖質が含まれていることがあり、
血糖値に影響します。一方、『糖質ゼロ』は糖質そのものが
含まれていないので、血糖値には影響しません」

Q.日頃、血糖値を気にしている人が、糖質が含まれない食品を
正しく選ぶためのポイントとは。

市原さん「一般的に、『糖類ゼロ』と書かれているものには
糖質が含まれていることが多いです。『糖質カット』や
『糖質オフ』にも、実際は糖質が含まれます。

血糖値を気にするのであれば、『糖質ゼロ』を選ぶと
間違いありません。栄養成分表示に記載してある糖質や
炭水化物の量を確認する癖をつけましょう」
【引用元:オトナンサー】
https://news.yahoo.co.jp/articles/64cde16fc5d37edf5e2243a8f22797dce607deee

日頃より私も気を付けていますが
『糖類ゼロ』は糖質が含まれていますので
勘違いをされて選ばないようにしましょう。
間違えて『糖類ゼロ』で大丈夫と思い
摂取していると糖質をいつの間にか
沢山摂取してしまいますので危険です。
『糖質ゼロ』一択ですので常に意識して
買い物をしましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました