狭い大動脈「国道3号」に11kmのバイパス整備へ

yame-city.jpg ニュース

「広川八女バイパス」いよいよ測量開始 福岡

広川八女バイパス

国土交通省 福岡国道事務所は2024年2月2日(金)、
県南部の国道3号で事業中の「広川八女バイパス」について、
現地測量作業をはじめていくと発表しました。
3月10日には「中心杭打ち式」が行われます。

【国道3号「広川八女バイパス」計画ルートを見る】

広川八女バイパスは、九州道広川ICから山側の平野部を抜け、
八女市中心街を避けて道の駅「たちばな」付近へ到達するルートです。
11.4kmの壮大な計画で、中長距離移動車と生活交通が
混在していた広川町・八女市街の国道3号の渋滞が緩和されます。

また、このエリアは広大な低地になっており、
大雨に大規模な冠水が起きやすい地域。
被災時の物資輸送をしようがない事態も発生しており、
緊急輸送ルートの確保が課題となっていました。

さらに、福岡県内第2位の農産物出荷量を誇る八女市、
工業団地の発達が進む広川町では、渋滞の影響をうけず
製品出荷をおこなう需要が強まっています。

これをうけ2019年に計画段階評価がはじまり、
2022年に都市計画決定。2023年5月に事業化を
果たしました。
今後、測量と設計がおこなわれ、用地取得が進めば
工事が始まっていきます。
【引用元:乗りものニュース】
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/a00319cd88163dc4ec30b88402010e14822b955c/

「広川八女バイパス」の実現に向けて
実働が始まったのですね。
計画が始まってから約5年経過となりますが
順調に進んで欲しいですね。
「緊急輸送ルートの確保」これについては
重要事項ですね。
万が一に備えておかないと大変なことになりかねないので。
福岡県南部にてお茶で有名な八女ですが
農産物が多いですので輸送ルートの渋滞緩和は
物流業界にとってはありがたいですね。
渋滞に巻き込まれる時間は2024年問題にとっても
大きな影響がありますので時間短縮はありがたいです。
渋滞の影響で受けるドライバーの拘束時間と燃料費を
少しでも削減できるのは業界にとって良い事です。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました