今週末から“10年に一度”の高温か

warm-winter.jpg ニュース

東京・大阪・広島・高知・福岡…12月なのに「20℃以上」予想続々

「高温に関する早期天候情報」発表 気象庁

■西日本は週末以降“10年に一度の暖かさ”か 
気象庁が注意情報発表

4日、気象庁は東海~沖縄にかけての地域に
「高温に関する早期天候情報」を発表しました。
 ※発表地域:東海、近畿、中国、四国、九州北部
(山口含む)、九州南部・奄美、沖縄

この「早期天候情報」は、その時期としては
“10年に一度程度”しか起きないような著しい高温や低温、
降雪量となる可能性が、いつもより高まっている時に注意を
呼びかけるために出される情報です。その現象が予想される
6日前までに発表されます。

気象庁は“10年に一度程度”で起こる高温を「かなり高い」
として表現します。それぞれの地方ごとの気温が
「かなり高い」と表現する基準は、5日間平均気温との
平年差が以下のような場合です。

各地方の「かなり高い」の基準
 東海  +2.3℃以上
 近畿  +2.3℃以上
 中国  +2.2℃以上
 四国  +2.4℃以上
 九州北部(山口含む)
     +2.6℃以上
 九州南部・奄美
     +2.7℃以上
 沖縄  +1.9℃以上

「早期天候情報」が発表されるのは、5日間の平均気温
(6~14日先)が、「かなり高い」となる確率が30%以上と
見込まれる場合です。本来なら“10年に一度程度”の頻度しか
起こらないものが「30%以上」の確率で起こると予想されるため、
通常よりも3倍以上「かなり高い」状況が現れやすいと
見込まれていることを意味しています。

■12月なのに“20℃超”続々?週末は「季節外れの暖かさ」か

では具体的に週末からどれくらい暖かくなると予想されて
いるのでしょうか。気象庁の週間予報支援図をみると、
地上の気温を大きく左右する上空1500メートル付近の気温は、
今週後半以降、福岡の上空では平年よりも5℃以上高くなる
予想となっています。

さらに2週間先までの上空1500メートル付近の気温予想をみても、
西日本では10日ごろをピークにその前後数日間では平年よりも
かなり高い状態が予想されています。

これから先はしばらくは、上空では朝鮮半島付近が気圧の尾根と
なる状況が続くため、西日本付近の上空1500メートル付近には
暖かい空気が入りやすくなりそうです。このため寒気の影響を
受けにくく、気温の高い日が多くなり、「かなり高い」
日も出ると予想されています。

気象庁の週間予報(4日夕方発表)では、9日(土)の最高気温は、
 25℃ 那覇
 22℃ 福岡・鹿児島
 21℃ 高知
 20℃ 広島・大阪・東京
などと予想されています。

特に今週末から九州や中国・四国、近畿地方では、
平年に比べて6℃から9℃も気温が高い「季節外れの暖かさ」が
予想されています。

7日(木)は二十四節気の一つ「大雪」で本格的な冬の寒さが
訪れる頃。とされていますが、東日本から西日本では今週末は
いったん季節が逆戻りするような暖かさとなりそうです。
冬の農作物の管理などはご注意ください。
【引用元:RCC中国放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a34432e66e78cf813b3a7614d972628662d98a4

皆様、寒暖差が激しくなりますので
体調を崩されないよう、ご注意くださいませ。
週末に20℃を超えて暖かいのは大変ありがたいですが
12月にこの暖かさは少し怖さがありますね。
週末は子供たちを大きな公園へ
連れていってあげたいと思います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました