15日~17日は日本海側を中心に荒天の恐れ

snow2023.jpg ニュース

北陸でも積雪増加か 2週間天気

13日(土)は、冬型の気圧配置が強まるため、
北陸から北の日本海側で降雪量が多くなりそう。
また、15日(月)~17日(水)にかけても、上空に強い寒気が
流れ込み、日本海側で荒天となる恐れ。北陸でも積雪急増に注意。

前半(11日~17日):13日と15日~17日は日本海側で荒天の恐れ

明日11日(木)は、高気圧に覆われて広く晴れる見込みです。
北海道や東北、北陸でも日差しが届くでしょう。
ただ、北海道から関東にかけては、最高気温は平年を
下回る所が多く、晴れても風の冷たい一日となりそうです。

12日(金)は北日本を前線が通過するため、北海道や東北、
北陸は雨や雪が降るでしょう。太平洋側は広く晴れて、
日差しの温もりを感じられそうです。

13日(土)は、冬型の気圧配置に変わり、上空に強い寒気が
流れ込む見込みです。北海道や東北の日本海側、北陸では、
局地的に雪が強まり、沿岸部はふぶくでしょう。
大学入学共通テストが行われますが、いつもより時間に余裕を
もって、足元に気をつけてお出かけください。
最高気温は平年より低い所が多く、厳しい寒さになる所もありそうです。

14日(日)はいったん日本海側の雪も小康状態となりますが、
15日(月)から17日(水)にかけては、再び強い寒気が流れ込み、
冬型の気圧配置が強まるでしょう。北海道と東北は日本海側を
中心に雪や風が強まり、北陸でも積雪が急増する可能性があります。
大雪や猛吹雪となる恐れがあるため、最新の気象情報や交通情報に
ご注意ください。太平洋側は晴れる所が多いでしょう。
北海道では真冬日(最高気温が0℃未満)が続きますが、
東北から九州では、寒気が流れ込むタイミングで、
グッと寒くなりそうです。

後半(18日~23日): 太平洋側でも雨の降る日が多い

18日(木)以降は、北海道と東北は曇りの日が多く、
雪の降る日もありそうです。北陸は雨や雪の日が続くでしょう。
積雪の多い所では、なだれにご注意ください。
関東から九州にかけても、21日(日)までは雨が降りやすく、
山沿いや内陸部では雪の降る所もあるでしょう。
22日(月)からは日差しが戻りそうです。

最高気温は、北海道では平年より低く、厳しい寒さが続く見込みです。
東北から九州は平年並みか平年より高いでしょう。
【引用元:tenki.jp】
https://news.yahoo.co.jp/articles/e16bef2cb420e657a4ba5e3dddf8ab856f0d0fc5

北陸の天気が大荒れにならないように願うばかりです。
厳しい寒さが続いており非難されている皆様は
大変な状況だと存じます。
各地で受け入れ態勢が進んでいますので
1日でも早く環境の良い所に移れることを
願っております。

最近ですが正直腹立たしいのが「迷惑系youtuber」です。
自分の銭儲けのために被災地に行っているような
輩は法で取り締まれるようにするべきです。
IT化が進み便利になっていますが徐々に弊害が露呈しています。
法整備の強化が必要です。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました