野菜高騰で家計直撃!!

vegetables.jpg ニュース

4月の記録的高温影響

 全国的に4月の気温が記録的に高かったことなどを背景に、
野菜の価格が高騰している。野菜の生育が進み過ぎたり、
病気が出たりといった事情で出荷が減っている。中信地方でも
卸値が高くなり、スーパーや青果店の小売価格も上昇している。
物価高の中で、仕入れ値の上昇分を販売価格に上乗せできない
小売店、さらに家計の負担が増す消費者ともに苦しい状況が続く。

 長野県松本市岡田下岡田の食彩スーパーF岡田店では13日、
Sサイズのキャベツ1玉を198円で販売した。2玉108円で
販売する安い時に比べ、4倍の水準になっている。
ブロッコリーは298円、セロリは1本198円など、安い時の
2倍から4倍になっている。
専務の山本綾子さんは「規格の小さな物を買ったり、半分や
4分の1にしたり、地場産のレタスを2玉108円の特売で
販売したり、なんとかお客さまに届くように工夫している」と語る。
 市内で個人の青果店を40年営む女性は「ここまで野菜が
高かったことはない」と嘆く。キャベツを仕入れ値より安い
250円で販売するなど、苦しい状況が続く。「独自のルートを
持つ問屋を数軒回るなど、少しでも安く買い付けているが、
どうしようもできない状況」と話した。
 野菜の高値は、消費者の財布も直撃している。
松本市の70代の女性は「ブロッコリーを買うのは諦めた。
炒め物はキャベツを少しに、もやしを中心にするなど、
なんとかやりくりしている」と話していた。
 気象庁によると、4月の平均気温は北・東日本とも
昭和21(1946)年の統計開始以来、最も高温になった。
 R&Cながの青果松本支社によると、キャベツやブロッコリーの
卸値は先週、ピーク時で1玉500円まで高騰した。セロリや白菜、
大根なども高値が続いている。ブロッコリーは高温に加え、
産地で病気が発生し、出荷量が少なくなっているという。
【引用元:市民タイムスWEB】
https://news.yahoo.co.jp/articles/45fdc15c17cdc7e5b61b51526130fa1886663f2c

日曜日に買い物に行きましたが、キャベツ・ブロッコリー・大根は
高かったです・・
しかし、キュウリが安くなっていたので沢山買いました。
子供たちの栄養の為にほうれん草・人参・ジャガイモ・玉ねぎ・
キャベツ・ナス・ニラ・白ネギ・青ネギと多種を買い込みました。
スーパーと道の駅と両方に行って値段を比べて買うようにしています。
大家族なので量も多く必要なので家計の事を考えて必死で選別しています。
道の駅も少し足を延ばせば何件もありますので助かっています。
野菜は生きていくために必要なものですので少しでも安価になることを
切に願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました