はしか感染者が早くも20人、拡大の懸念

vaccination.jpg ニュース

子どものワクチン接種率は低下傾向

 感染力が強い麻疹(はしか)の患者が、国内で相次いで
確認されている。世界的な流行の影響で、今年は海外渡航者を
中心に少なくとも20人になり、昨年1年間の3分の2を超えた。
子どものワクチン接種率が下がっており、
専門家は感染の拡大を懸念する。

【図表】はしかワクチンの年代別の接種状況

 「世界で流行している感染症です」。
厚生労働省の関西空港検疫所は、入国エリアに各国の麻疹の
感染状況などを示したポスターを貼り、自動音声でも注意を
促している。2月24日にアラブ首長国連邦から到着した
旅客機の乗客10人と、関空などにいた3人が麻疹と
診断されたことを受けて警戒を強めている。

 日本は2015年、世界保健機関(WHO)から
土着ウイルスが存在しない「排除国」と認められた。
以後の感染は海外から持ち込まれたウイルスによる。
厚労省などによると19年は744人の患者が報告された。
コロナ禍の20~22年は各10人以下だったが、
23年は28人に増加。今年は3月22日現在、
8都府県で少なくとも20人になる。

 WHOによると23年、世界の患者は約32万人で
前年の1・8倍だ。浜田篤郎・東京医大特任教授(渡航医学)は
「コロナ対策に注力した結果、主に途上国で子どもの
麻疹ワクチン接種が滞り、流行した」とする。

 麻疹の感染力は極めて強い。免疫を持たない集団では、
1人が平均12~18人にうつすとされる。
空気中に浮遊する粒子を吸う感染もあり、
マスクや手洗いだけで予防できない。

 有効な対策は2回のワクチン接種だ。
1990年4月2日生まれ以降は、公費助成がある
定期接種を2回受ける機会があった。
50歳代以上は、接種していなくても、
幼少期に感染して免疫を持つ可能性が高い。

 現行の定期接種は1歳と小学校入学前の子どもだが、
接種率は低下傾向にある。特に2回目は深刻だ。
2022年度は過去10年で最低の92・4%となり、
流行を防ぐための目標値「95%以上」を下回った。
神奈川県衛生研究所の多屋馨子(けいこ)所長は
「定期接種の対象年齢になったらすぐ接種してほしい。
感染歴がなく、母子手帳などの記録から2回の接種が
確認できない人は、免疫が不十分な可能性が高いので、
海外渡航前にワクチン接種の検討が望ましい」と呼びかける。

 厚労省は21日、患者の増加でワクチンの需要が
高まる可能性があるとみて、卸売業者に対し、定期接種を
確実に進めるため、小児科などに優先してワクチンを
供給することを要請した。

 ◆麻疹(はしか)=ウイルス感染から約10日後に
発症、高熱や発疹などが起こる。脳炎や肺炎などの
合併症があり、1000人に1人が亡くなる。

【引用元:讀賣新聞オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/96ba849e0802d1291e3b9c1312e7bb2ae3daa09a

子供の予防接種は市から案内が来ますので
それに合わせて予約をして受けさせています。
先日も下の子2人が揃って予防接種を受けました。
子供のワクチン接種率が下がっている事に驚きです。
子供のために親はしっかり受診させてあげましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました