ベテランも迷う交通ルール

traffic-rules.jpg ニュース

右?左?本線への「合流」ウインカーはどっち?

“出し間違い”が事故につながることも

卒業・就職のシーズンを迎える春は、街で初心者ドライバーを
多く見かける季節だ。安全運転のため、運転に慣れたドライバーに
とっても落とし穴になりそうな交通ルールについて考える。
テーマは、側道からの合流時のウインカー。
調べてみると、勘違いをしているドライバーも少なくなかった。

【画像で見る】一時停止の標識や停止線があれば「交差点」にあたる

本線へ“合流” ウインカーはどっち?
最近、SNSで話題になった画像がある。
2車線の大通りへの合流地点。進行方向には停止線がある。
この場合、ウインカーは右?それとも、左?どちらを出すのが
正しいだろうか。街で聞いてみると…。

右ウインカー派からは、「私は右に出している。右側にある
道路と合流するから」「後ろ(進行方向右手)から来る人に
入るよって」といった声。

一方、左ウインカー派からは、「左に曲がるから」「停止線が
ある場合だったら左ウインカー。そうでなければ右ウインカー」
と、それぞれ、その根拠を教えてくれた。
中には、「左を出していると思う。自分が左に行くからですが、
こっち(進行方向右手)から来た車には見えないですね」と話し、
どちらを出すか迷うという人もいた。

自動車学校の指導員が解説
実際に、島根・松江市内の道路で定点カメラを置いて調べてみた。
合流地点の手前には一時停止の標識、そして、停止線がある。

30分ほど観察すると、右ウインカーが46台、左ウインカーが24台。
右ウインカーの車が左ウインカーのほぼ2倍という結果になった。

この結果について、松江市の島根自動車学校の指導員・内村憲治さんは、
「教習生などから聞かれることが多い。どちらを出していいのか
わからないので教えてほしいと。結構、みんな迷っている」と話した。

やはり、判断を迷うドライバーが多い、“難問”のようだ。
この場合、正しいのは…。

島根自動車学校・内村憲治さん:
左ウインカーが正解。変形しているが交差点。一時停止の標識や
停止線があれば、確実に交差点といえる

一時停止の標識や停止線があれば、そこは「交差点」。
今回の場合、大通りへの合流は左折にあたるので、ウインカーは
「左」を出さなければなりらない。

内村さんは「対向車がある場合、勘違いをすると事故の危険性がある」
と指摘、ウインカーを正しく出さないと、対向車が勘違いして
急ブレーキを踏むなどして事故につながる可能性もあると注意を促す。

正しく覚えよう“交通ルール”
島根県警によると、ウインカーの間違いが原因で事故が
起きた場合、「安全運転義務違反」にあたるケースもあるといい、
「出し間違い」では済まされないことも考えられる。

島根自動車学校の内村さんも、「ウインカーを出すタイミングが
非常に遅い人、あるいは全く出さない人が年々増えているような
気がするので、直してもらえれば」と呼びかけた。
ちなみに、高速道路のインターチェンジなどのように停止線が
ない場合は「車線変更」にあたり、ウインカーは「右」を
出す必要がある。

道路交通法などでは、車線変更は3秒前、交差点では
30メートル手前からウインカーを出すよう定められていて、
ウインカーを出さない場合は「合図不履行違反」として、
違反点数や反則金が科されることもある。

人や車が安全に通行できるよう定められた交通ルール。
安全運転、事故防止のため、初心者もベテランも
正しく覚えておく必要がある。
【引用元:FNNプライムオンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d798833684cf02e58ee5afd88f2326614aa6c28f

私は左だと思って左ウインカーを出していましたが
あっていてホッとしました。
朝の保育園の送迎でこのパターンの本線への
合流をしております。
左折ウインカーだと本線の車からはウインカーが
見えないことと合流という観点で右ウインカーと
勘違いしやすいのだと思います。
しっかり停止線で止まり少し頭を出して
車を確認して左折しましょう。
勘違いしやすい事が多々ありますので
事故や違反につながらないように
注意して運転をしていきましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました