【2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー】

news.jpg ニュース

「今年の一台」はトヨタ『プリウス』に決定!3度目の受賞

輸入車はBMW『X1』に

日本を代表する「今年のクルマ」を決める
「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は
12月7日、最終選考会・表彰式を開催。
ノミネートされていた10ベストカーの中から、
新型トヨタ『プリウス』が栄冠に輝いた。
プリウスとしては3度目の受賞となる。

また、輸入車の中で最も優秀な車である
「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」は、
BMWの『X1』が受賞。

部門賞の、秀でた内外装デザインを持つクルマを
表彰する「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」は
三菱『デリカミニ』、革新的な環境・安全その他技術を
備えたクルマを表彰する
「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」には
日産『セレナ』が選ばれた。日産と三菱は昨年度、
日産『サクラ』/三菱『eKクロスEV』で
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。両社とも
2年連続の快挙となった。

さらに「日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞」は、
新しいモビリティの未来を提示し111万人の来場者を
集めた「ジャパンモビリティショー」などが評価され、
日本自動車工業会が受賞した。

「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、
2022年11月1日から2023年10月31日までに発表
または発売された乗用車が対象。44回目の開催となる
今年度は、国内外の全34モデルがノミネートされた。
自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の
選考委員により選ばれた「10ベストカー」
(今年度は11台が選出)の中から投票により決定した。
開票の様子は公式Youtubeでライブ配信され、多くの
自動車ファンがその様子を見守った。

5代目となる新型プリウスは今年1月に発売。燃費性能が
高いハイブリッド車のパイオニアとして市場を開拓して
きたプリウスだが、新型ではコンセプトを大きく変え、
スポーツカーのようなデザインや走りを特徴とする。
その革新性や動的性能が評価された。また、プリウスとしては
過去に、初代(第18回 1997-1998)と
3代目(第30回 2009-2010)が日本カー・オブ・ザ・イヤーを
受賞しており、今回が3度目。

「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考結果、
および部門賞の一覧は以下の通り。

●2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW X1
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱 デリカミニ
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産 セレナ
●日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞:日本自動車工業会
【引用元:レスポンス】
https://news.yahoo.co.jp/articles/0dda35e7f9c151d15a0f32da47704717af8aa319

ベストカーはプリウスとのことで
新型が発売されて大人気でしたね。
安定のプリウスですね。
私も買いたいと思っていましたが
我慢しています。
ぼちぼち乗り換えが必要なのですが(汗)
TOYOTA車が大好きなので来年には
乗り換えをしたいなぁと思っています。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました