定額減税、来年6月開始

tax-reduction.jpg ニュース

1人4万円、物価高に対応

 岸田文雄首相が総合経済対策で過去の税収増を国民に
「直接還元する」とした1人当たり計4万円の定額減税が
2024年6月に始まる。

 物価高による国民負担軽減のための一時的な措置で、
今年度中に実施する低所得世帯向け給付金の支給に比べ
実施時期は遅くなる。年収2000万円超の富裕層は対象外。

 納税者と配偶者を含む扶養家族1人につき所得税で3万円、
住民税で1万円減税する。家族4人の世帯では計16万円の
減税になる。減税のタイミングや手法は人によって異なる。

 サラリーマンなど給与所得者の場合、来年6月の給与や
賞与支給時の源泉徴収額から減税。6月だけで引き切れない
残りの減税分は、7月以降減税額に達するまで順次差し引く。
住民税は6月分を徴収せず、減税分を引いた年間の税額を
7月以降の11カ月間で均等に徴収する。

 公的年金所得者も所得税は来年6月の年金支給時に減税し、
引けない分は次の支給時である8月以降順次減税する。
住民税は来年8月徴収分までの税額が既に確定しており、
10月分から減税し、引けない分は12月分以降順次差し引く。

 一方、個人事業主などの事業所得者や不動産所得者の場合、
所得税は原則25年2~3月の確定申告時に減税。
ただ、前年所得などを基に計算した納税額が15万円以上の人は、
確定申告前に一部を納税する年2回の「予定納税」時に減税する。

 具体的には来年6月に本人減税分を差し引いた
第1回予定納税額を通知。扶養家族分は7月末まで減額申請を
受け付け、9月末までに納税する。引けない場合は11月の
第2回予定納税時に差し引き、それでも残った分は
確定申告時に減税する。住民税は来年6月徴収分から減税する。 
【引用元:時事通信】
https://news.yahoo.co.jp/articles/edd94cde3d5bb0f1425e1b2d1600b1492a4575d6

減税していただくことは非常にありがたいですが
この間に違う増税で結局は変わらないや
マイナスになるようなことがあれば意味がなくなって
しまいますね。来年は税金については今年以上の
波乱がありそうで大変心配です。
「増税」「増税」「増税」の波が押し寄せてきそうですね。
物流2024年問題により物流価格が上昇する事に伴い
食品や消耗品などあらゆるものが値上げになり
我々庶民は苦しくなりそうですね。
子供4人を抱える家庭としては非常に頭が痛いです。
今まで通りでは苦境に立たされますので出来る策は
打たないといけませんね。
自分自身で税金の勉強をして節税できることは
していく必要があります。
何もわからずに搾取されっぱなしではダメですね。
恐らくこれまで何も考えずにそのまま過ごしてきましたので
利用できるものを利用していなかったりと取りこぼしなどが
あるかと感じます。
残りの人生は強かに生きていく所存です!!!

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました