能登半島地震の被災者を支援

fukuoka.jpg ニュース

福岡県が県営住宅を無償提供 6ケ月~最長1年入居可

能登半島地震で自宅を失うなどした被災者を支援しようと、
福岡県は9日から県営住宅の提供を始めました。

福岡県によりますと、支援の対象は地震で自宅が全壊や半壊など
となり住めなくなった被災者で、県営住宅に敷金・家賃とも
無料で入居できます。(共益費、光熱水費は自己負担)

期間は6カ月ですが、最長1年まで延長可能です。

受け付けは電話で行っていて、罹災証明書は入居後3カ月以内の
提出で構わないということです。

石川県では、2万8000人余りが避難生活を余儀なくされていて、
福岡県の担当者は、「県民の知り合いなどで困っている方がいれば、
この情報を伝えてほしい」と話していました。

このほか福岡市でも同様に、市営住宅を被災者に提供する支援を
9日から始めています。

※福岡県 能登半島地震による被災者に対する住宅支援
電話窓口:092-643-3739(平日 8時30分~17時15分)

【引用元:TNCテレビ西日本】
https://news.yahoo.co.jp/articles/dce12c870f17c998ea66d5e1f6c75b2f8c83c593

福岡県と福岡市が揃って被災者支援にて
県営住宅と市営住宅の提供をされるとのことで
本日より電話受付を開始しているようです。
身内の方や友人等が被災されている場合は
是非、情報を提供して手続きをしてあげてください。
情報の拡散もお願い致します。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました