地下鉄空港・箱崎線へ30年ぶりの新車!

subway.jpg ニュース

国内&世界初の技術いろいろ 運行開始は24年秋

18本が導入予定

 福岡市交通局は2023年11月30日(木)、
地下鉄空港線・箱崎線へ導入する新型車両のデザインなどを
公表しました。両線へ新造車両が導入されるのは、
1992(平成4)年以来となります。
 
 形式は「4000系」。6両編成を18本、導入する予定です。
車体は現行の1000N系・2000N系電車で採用されている
青い帯を継承し、「空の玄関口」福岡空港と希望の未来を
イメージしたスカイブルーを、新たに側窓部分へ配します。

 車内はガラスを多用した開放的なつくりに。袖仕切りや
荷棚にも採用することで、明るく広がりを感じられるといいます。
また座席は、通勤形車両としては国内最大となる1人あたり
480mmを実現。ドア上の案内表示器は3画面とし、2画面で
運行案内を、もう1画面でニュースや広告を放映します。

 各号車内には防犯カメラが4台ずつ設置されますが、
これは国内の地下鉄では初となる、リアルタイム監視機能が
ついているとのこと。なおこのカメラは順次、
既存車両にも導入予定です。

 6号車(福岡空港方)にはフリースペースを設置。
ほかにも大型手荷物を携行しながら座れる座席や、
幼児でも景色が見える大型窓が備わります。優先スペースは
全ての号車の端部にあります。

 車両の技術面でも新技術が搭載されます。既存車両に比べ、
電力使用量が20%低減される新型モーターを、世界で初めて
営業列車へ導入するそう。さらにカーブに合わせて車軸が
可動する台車を採用し、走行安定性の向上や騒音の
低減に寄与します。

 福岡市交通局によると、4000系の1本目は、
2024年4月ごろに車両基地へ搬入予定とのこと。
運用開始は同年秋ごろの予定です。
【引用元:乗りものニュース】
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebfb1128e0834286a92cb8556eced928290fbc49

新車の導入は良いですね!
鉄道ヲタは喜ばれるでしょう!
電車が好きな末っ子を連れて行って
乗せてあげようと思います。
18本でいくらかかるのだろう(笑)
こういうところにも興味があります(笑)

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました