最大規模の「太陽フレア」連続観測

solar-flare.jpg ニュース

11日に通信障害起こす磁場嵐、オーロラの可能性

大規模な太陽表面の異常爆発「太陽フレア」が8~9日にかけて
連続で観測され、11日にも通信障害を引き起こす「磁気嵐」が
発生するのではないかと警戒が広がっている。
国立研究開発法人「情報通信研究機構」(NICT)によると、
観測されたのは5つの分類のうち最大規模に当たる「Xクラス」の
太陽フレア。これを受け、SNS上では専門家が磁気嵐による
オーロラや通信障害の発生を予測する声が挙がった。

【写真】過去に撮影された大規模な太陽フレア

太陽フレアが発生するとエックス線などの強い放射線や電気を
帯びた粒子を放出し、規模が大きいと地球の磁場が乱れる
磁気嵐が起きる。その規模は発生するエックス線の強度によって
最大のX、M、C、B、Aの順に5段階に分類され、段階が一つ
上がる度に規模は約10倍強くなる。

NICTが10日までに臨時情報として、8~9日までにXと
Mクラスの太陽振れが4回発生したと公表。
これを受け宇宙物理学者の柴田一成氏は10日、
自身のX(旧ツイッター)に、最初の衝撃波が日本時間で
11日午前7時頃「地球に衝突!」と投稿。米海洋大気局(NOAA)が
磁気嵐の発生を予報していることを紹介した。

天文学者の阿部新助氏も自身のXで、「5/11早朝に日本でも
低緯度オーロラが発生する可能性と強烈な磁気嵐による
通信障害の可能性」と指摘した。

海外では過去に太陽フレアによる被害が出ており、米国やカナダ、
スウェーデンで停電やレーダー障害などが確認されている。

総務省によると、太陽は約11年周期で活動が活発な活動期と
静穏期を繰り返しており、2025年頃に活動期を迎えて
大規模な太陽フレアが起こる可能性を指摘。最悪の場合、
携帯電話が2週間に渡り断続的につながらなくなるなどの
被害を想定している。(西村利也)
【引用元:産経新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5a0526d2f13a1d023d81f40714e9de16b0a0ee5

太陽フレアの影響で通信障害が発生するのですね。
太陽を観察や分析できるという事も凄いと正直感じます。
人間の進歩及び進化ってすごいですね。
明日の朝に通信障害が起こる可能性があるとのことですので
通信関係の業界に大きな影響が出ないことを願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました