立ち往生はなぜ起きる? “渋滞学”の専門家に聞いた

snow2023.jpg ニュース

「ああ、やっと家に帰れる」14時間以上立ち往生した車の運転手

大雪の影響は25日も東海各地で見られましたが、
名神高速・関ケ原IC付近での車の立ち往生はなぜ起きたのか。
専門家の意見も交えて振り返ります。

名神高速道路・関ヶ原IC付近では、24日昼前には車が
動かなくなり、深刻な立往生が起きました。

(立ち往生した車の運転手との電話・24日)
「関ケ原IC(下り線)の3キロ手前にいる。
午前11時くらいに止まって1ミリも動いていない」

関ヶ原IC付近では、24日午後2時の段階で上りで約270台、
下りでは約500台が立ち往生しました。

(立ち往生した車の運転手との電話・24日)
「飲み物は事前に買っておいたので大丈夫だが、
食べ物まで買っていなかった。少し考えが甘かった」

ネクスコ中日本は、自衛隊や岐阜県の支援を受けながら
除雪と立ち往生した車を最寄りのインターから降ろす
作業を続け、上りは25日午前0時、下りは午前4時に
すべて車の移動を終えました。

そして、立往生から開放された男性は25日に改めて…

(立ち往生した車の運転手との電話・25日)
「午後10時ごろにネクスコ中日本の人が来て、おにぎり2つと
お茶をいただいた。その後、自衛隊とネクスコ中日本の人が
スコップやそりなどで除雪をしていた。
車が動き始めたのは、深夜1時半ごろ。
ああやっと家に帰れると思って安心した」

この福井に向かっていたドライバーは、24日の午後10時までは
車に救援の物資も届かなければ情報もなく、不安な時間を
過ごすことに。飴をなめてしのいだと言います。

一方、24日午後4時ごろには、ネクスコ中日本から水や
カイロ栄養補助食品、簡易トイレが届けられたドライバーもいました。

■専門家「大動脈が動かなくなるという躊躇があったのでは」

では、なぜ今回の立ち往生がおきたのか。
渋滞発生のメカニズムなどの研究で知られる「渋滞学」が
専門の東京大学の西成教授に聞きました。

(東京大学 先端科学技術研究センター・西成活裕教授)
「想定していた以上の雪が降ったことが大きい。
それに対して、関係者がどういう判断をして対策をとったか。
他の道路が止まった時にこれ(高速道路)を止めたら、大動脈が
動かなくなるといった躊躇があったのではないかと思う」

去年1月に、新名神高速で丸1日以上続いた立ち往生でもそうでした。
この時は、三重県から滋賀県にかけての下り線で66キロの渋滞が発生。

ネクスコ中日本などは「東西の大動脈を確保する観点から
高速道路の通行止めに躊躇した」「関係機関との情報の共有不足だった」
と検証結果をまとめました。

その後、ネクスコ中日本は国土交通省などとともに
「名神・新名神冬期道路情報連絡本部」を設置し再発防止に
努めてきましたが、今回も立ち往生は起きました。

西成教授は、関係者の改善努力は認めるものの、
もう一段先の対策が必要と言います。

(東京大学 先端科学技術研究センター・西成活裕教授)
「大雪だから止めるのではなく、大雪になりそう(なら止める)
という予防措置も大事。(通行止めの)基準を決めておいて、
1時間あたりの積雪量が前の時間に比べてこれくらい増えたら
止めましょうと決めるとやりやすい。大事なのは人の安全なので、
予防措置は本当に重要だと思う」
【引用元:CBCテレビ】
https://news.yahoo.co.jp/articles/84fc3b2286c98716f8d918f1e6d06a5521b1e420

九州道は予防措置にて通行止めとなっていたようです。
それに対して文句を言っている人もいましたが
私は必要だと感じました。
年々天候による被害が増えていっている傾向にありますので
後手に回るのではなく先手を打つ必要があります。
結果的に必要が無かったとしてもOKです。
それが予防策です。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました