全国の被災地と”ともに” 阪神淡路大震災から29年

silent-prayer.jpg ニュース

神戸から鎮魂の祈り

若い世代への継承「29年は長いが きょうくらいは思い出して」

 6434人が死亡し、現在も3人が行方不明になっている
阪神淡路大震災から、きょうで29年です。

厳しい寒さの中、追悼のつどいが行われている神戸市中央区の
東遊園地には、早朝から多くの人が会場を訪れています。

1995年1月17日、淡路島北部を震源とする最大震度7の
揺れが阪神地域を襲い、6434人が死亡、約4万3000人が
けがをしました。

地震が発生した午前5時46分、鎮魂の祈りが捧げられました。

(当時22歳の長男をを亡くした女性)
「今日は孫が一緒に来たいと言ってくれたので来た。
長男も見守ってくれていると思う」

(大阪から来た男性)
「神戸は、この世のものとは思えない光景が広がっていた。
29年は長いが今日くらいは思い出して」

今年、灯籠で描かれたのは「ともに」という文字。
若い世代とともに震災の記憶を継承するという決意と、
能登半島地震の被災者に寄り添うという思いが
込められています。
【引用元:ABCニュース】
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ee3029da2b630109f785af000970199f93d00f9

「阪神淡路大震災」今日でもう29年になります。
当時、私は大阪に住んでいて震度5を経験しました。
地震で飛び起きて経験したことのない地震の揺れの強さに
驚きました。その後に兵庫県の状況をテレビで見て
驚愕したことを今でも覚えています。
黙祷を行い、今日は特別な思いをもって1日過ごしたいと思います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました