パー券収入記載「法令違反疑い」

lottery.jpg ニュース

党内弁護士、22年に安倍派へ指摘

 自民党派閥の政治資金パーティーを巡る問題で、
清和政策研究会(安倍派)が2022年以降、
政治資金収支報告書へのパーティー券収入の記載内容に
ついて弁護士から「法令違反の疑いがある」と指摘されて
いたことが判明した。安倍派の議員が毎日新聞に証言した。
安倍派は23年のパーティー開催時に議員側への
ノルマ超過分収入のキックバック(還流)を取りやめており、
東京地検特捜部は取り扱い変更の経緯や派閥幹部の
違法性の認識を慎重に調べるとみられる。

 この議員によると、法令違反の指摘を受けたのは
22年11月、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が安倍派を
含む自民5派閥についてパーティー券収入が過少に
記載されている疑惑を報道した後。自民のコンプライアンス
担当の弁護士が、安倍派側に対して法令違反の疑いを指摘したという。

 違法性を指摘されたのは報告書に記載義務がある
20万円超の大口購入者について、派閥側の収支報告書に
一部記載がなく、購入した政治団体側の収支報告書に
記載された購入金額と整合性が取れない点だった。

 安倍派は18~22年に毎年1回パーティーを開いており、
所属議員1人当たり数十万から数百万円の
販売割り当て(ノルマ)があった。関係者によると、
ノルマ超過分の議員側への還流は長年行われていたが、
ノルマ超過分の収入と、議員側への還流分の支出が
いずれも派閥の収支報告書に記載されていなかった。
直近5年間で約5億円が裏金化していた疑いがある。

 過少記載が生じた背景には、こうした還流分の
不記載があったとみられる。

 弁護士からの指摘は還流について言及したものでは
なかったが、安倍派は議員側への還流を取りやめることを決定。
今年5月のパーティー分の還流は行われなかった。

 特捜部はこれまで、派閥の会計責任者の他に裏金化が
疑われる議員側への事情聴取を実施してきた。
派閥の事務を取り仕切る事務総長経験者らにも任意の
事情聴取を要請しており、詳しい説明を求めるとみられる。
【引用元:毎日新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0f9100d89eaf6dc63ef7a465a2f0fac3d069e30

「記載漏れでした」だけで済むことは
ないですよね?
一般人が同じことをしていた時と同等もしくは
それ以上の罰があって当然だと考えます。
しっかり相応の対応をされることを切に願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました