財務相と厚労相が会談

salary-increase.jpg ニュース

診療報酬本体増額へ、詰めの協議

 鈴木俊一財務相と武見敬三厚生労働相は13日、
東京都内で会談し、来年6月に改定される診療報酬の
改定率について協議した。政府は物価高騰や賃上げに
対応するため、医師の技術料などに相当する本体部分を
増額する方向で調整に入っている。
焦点となるのは引き上げ幅などで、年末の予算編成に
向けて詰めの協議を続けている。

 2年ごとに改定される診療報酬は薬価と本体で構成されている。
薬価は実勢価格に応じて、1%前後引き下げる方針。
物価高騰と賃上げへの対応が焦点で、厚労省は大幅な増額を
求める一方、財務省は診療所で利益が出ていると反論。
両者の間に隔たりがある。

 物価高や賃上げを背景に政府は一定の増額はやむを
得ないと判断している。今後は引き上げ幅に加え、
増額分が賃上げにつながる仕組み作りなどが課題となっている。

 協議後、鈴木氏は「お互いの考えを共有できた」、
武見氏は「賃上げを実現するためにはどうすれば
良いか申し上げた」とそれぞれ記者団に述べた。
来年度は、診療報酬だけでなく介護報酬、
障害福祉サービス報酬も同時改定される。
【引用元:毎日新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d76d08171b8725275470dfc0e6ca31d4ac9c5351

診療報酬を上げて医療スタッフの賃上げに
しっかり使っていただきたいですね。
看護師が不足してることもあるようなので
賃上げによりなり手が増える事にも
期待したいですね。
経営陣が至福をこやすことだけになることは
ないようにしていただきたいですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました