「景気回復」を実感できない「2つの問題」

salary-increase.jpg ニュース

佐々木俊尚が指摘

ジャーナリストの佐々木俊尚が2月7日、
ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。
前年比2.5%減となった2023年の実質賃金について解説した。

2023年の実質賃金が前年比2.5%減
給与増も物価上昇に追いつかず

2023年の働き手1人当たりの実質賃金は、前年比で
2.5%減少した。現金給与の総額は増えたものの物価上昇に
追いつかず、実質賃金は2年連続でマイナスとなった。

新行)厚生労働省は従業員5人以上の事業所3万余り
対象に「毎月勤労統計調査」を行っており、2月6日に
去年(2023年)1年分の速報値を公表しました。
基本給や残業代、ボーナスなどを合わせた働き手
1人当たりの現金給与総額は、月平均で32万9859円となり、
前年比1.2%増。3年連続でプラスになりました。

賃金上昇が物価に追いついていないだけで景気はいい
佐々木)外国人投資家が金融市場に流入するなど、
日本経済に明るい兆しが見えてきています。
熊本に台湾の半導体大手が工場をつくるなど、
いろいろな要素があってよくなっていますが、
実質賃金が下がっているという情報だけで「景気が悪い」と
勘違いする人が多い。景気はよくなっているのですよ。
問題なのは、賃金は上がっているけれど、物価上昇に
追いついていない。ただそれだけなのです。

新行)景気は決して悪くない。

佐々木)物価が上がると「生活がこんなに苦しくなって、
何が好景気だ」とSNSで怒る人がいますが、物価が上がるのは
景気がよくなる証拠です。物価が上がらないと景気は
よくならない。日本の平成の30年間は物価がまったく
上がらず、逆に下がったから不景気だったのです。
物価が上がり、それに伴って「賃金が上昇するかどうか」
が重要
です。

春闘で賃金がアップすれば、実質賃金がプラスに転じる可能性も
佐々木)少し前まではウクライナ侵攻をきっかけに、
エネルギーや原材料価格が上昇するコストプッシュインフレで、
「物価が上がっているだけだ」という話でした。
でも消費者物価指数によると、去年の後半ぐらいから
ディマンドプルインフレになって、原材料や食品だけでなく、
サービス部分の値上がりも始まっています。

新行)ディマンドプルインフレ。

佐々木)賃金を上げるために値上がりが始まっているので、
傾向としてはいい状況です。ただ、追いついていないので
苦しいという印象ばかりが浮き彫りになり、岸田さんの
支持率が下がっている。岸田さんの内心では、春闘で賃金が
アップすれば実質賃金がプラスに転じる可能性があり、
「そうなったら政権支持率も上がる」という期待があると思います。

経済全体にK字回復の傾向 ~二分化する状況で
国民の不満をどう解消するか
佐々木)初任給についてもユニクロが初任給30万円など、
大企業が賃上げしましたよね。ただ、いまの状況は昔の
高度経済成長時代と違うので、国全体でみんなの賃金が上がる
という状況ではないのです。
企業や産業によって「よくなるところ」「よくならないところ」
に分かれている部分がある。コロナ禍から消費が復活したとき、
景気がよくなる業種とよくならない業種に分かれる「K字回復」
現象がありました。コロナに限らず、経済全体にそういう傾向が
あるのだと思います。例えば建設産業では、人手不足で賃上げが
進んでいるではないですか。

新行)そうですね。

佐々木)観光業も外国人観光客が増えているので、賃上げしないと
人が集まらないような状況になっている。
一方、業種で言えば一般事務などは、AIに一般事務の仕事が
奪われるという話もあります。IT化や省力化が進んでいるので、
「そんなに給料を上げなくてもいいだろう」という空気があり、
上がらない。二分化した状況のなかで国民の不満をどう
解消するのか、という問題が1つあります。

「これから給料が上がるぞ」というマインドにどうやって
持ち上げて消費を復活させるか
佐々木)もう1つ、K字回復とはまた別に、可処分所得が
減っている問題があります。
私が新聞記者だったのは90年代でしたが、最近の会社員の
給与明細を見せてもらうと、当時に比べて
「こんなに社会保障費が引かれているのか」と驚きます。

新行)そうなのですよね。

佐々木)可処分所得が減っているので、
「これから給料が上がるぞ」という期待感がないと消費は
復活しません。消費が復活しないと最終的に経済は
よくならないので、「どうやってマインドを持ち上げるか」
を考える必要があります。
【引用元:ニッポン放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/668f52de7bf85b6e1c6d2fc2b03bcc54e827da69

大手企業は賃上げの対応は体力があるので
対応できますが零細企業と中小企業の半分以下は
体力がなく難しいのが現状ですね。
特にブラック企業が多く存在しますので
働く時間及び休日数も正常じゃない状況も
多数あります。
そもそもギリギリ最低限及び少し位下回っても
いいだろうという脳内ですので、賃金に回さないのが
実態の企業も多く存在するでしょう。
しかしながら今の時代はこのような状態は
長く続けられないです。簡単に情報を知れるので
自分自身の状況と比べてみるとスグにわかりますし、
ブラックな状況はスグに晒されます。
悪い部分が露呈しやすくなっているのは
良い事なのかもしれませんね。
それにより淘汰されていく企業もこれから増えていくでしょう。
これからの時代は強かさが無いと衰退していきますので
働く人々も強かさが必要です。そして自分自身の
マインドを上げて仕事に取り組んでいきましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました