【全国高校ラグビーV】桐蔭学園凱旋

rugby.jpg ニュース

藤原監督「団結力を見せてくれた」

 第103回全国高校ラグビー大会で3大会ぶり4度目の
全国優勝を果たし、昨春の全国選抜大会との「2冠」を達成した
桐蔭学園フィフティーンが8日、帰浜した。JR新横浜駅で取材に
応じた藤原秀之監督(55)は「本当に成長できた大会。
3年生が最後に良い仕上がりをして団結力を見せてくれた」と、
約2週間の戦いを振り返った。

 Aシードの桐蔭は12月30日の2回戦から登場。準々決勝、
準決勝では続けて地元大阪勢を破り、決勝では東福岡との
緊迫したロースコアの接戦を制した。強靱なFW陣と打開力のある
バックス陣でつかみ取った栄冠に、ナンバー8城央祐(3年)は
「一昨年に負けて、一人一人の意識が高くなった。いろんな人に
おめでとうと言ってもらえた」と充実した表情で振り返った。

 移動中には約250件に及ぶ祝福メッセージに返信し、
「余韻に浸ってました」と指揮官。
OBの日本代表SH斎藤直人(東京SG)からは
「試合より緊張しました」、バックスの松島幸太朗(同)からも
「DF、強かったですね」と連絡があったと明かした。

 3年生たちは大学ラグビーなどまた新たなステージに向かう。
藤原監督は「それぞれの役割、立ち位置があると思うので、
そこで切磋琢磨してほしい」と期待した。
【引用元:カナロコ by 神奈川新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/b26814d6b208e085b7bd5997ff495dd795d5d2e6

桐蔭学園の選手の皆さん、優勝おめでとうございます。

決勝は息をのむ大接戦でしたね。
両校ともにディフェンスが強かったです。
力の差は紙一重でしたね。
東福岡高校の選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。
両校ともに感動をありがとうございました。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました