カンガルー便の西濃運輸

price-increase.jpg ニュース

5年ぶり値上げ 6月から平均10~20%

 西濃運輸は14日、「カンガルー便」で知られる主力の一般便と
宅配便の運賃を、6月1日から平均で10~20%引き上げると発表した。
値上げは2019年7月以来、5年ぶり。深刻な運転手不足にともなう
人件費の増加、燃料費や車両価格の高騰も踏まえて決めたという。

【写真】「あずきバー」好調で最高益の井村屋 
追い風だった猛暑が心配の種に

 値上げ幅は地域や距離、重量によって異なり、6月からの
新規契約が対象。たとえば名古屋―福岡間の重さ50キロの荷物の場合、
これまでの5140円が5920円に上がる。
すでに契約している人にも今後、新たな運賃体系に基づいて
値上げを求めていくという。

 また、親会社のセイノーホールディングスがこの日発表した
2024年3月期決算は、売上高が前年比1.8%増の6428億円、
純利益は23.4%減の145億円だった。いわゆる「2024年問題」
でとりまく環境は厳しいが、「物量は改善傾向にある」とする。
生産性の向上などで25年3月期は増収増益を見込んでいる。
【引用元:朝日新聞デジタル】
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9d0d2a4a3ffc47d440a1869cd4f534d34113ad3

今年は運賃値上げが各社ともに実施となるでしょう。
仕方がない流れだと考えます。
数年をかけて徐々に運賃は上がっていくことになるかと
思われます。
価格競争時代に各社は運賃を下げ過ぎているのが現状ですので
一定の回復をしないと今後の問題解決は打破できないですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました