今月も値上げラッシュ

price-increase.jpg ニュース

買い物客から悲痛の声

原材料価格の高騰に加え進む円安の影響で、今月も食品の値上げ
ラッシュです。続く値上げに買い物客から悲痛な声が上がる一方、
青果店は連休明けに野菜の値段が下がることを見込んでいます。

帝国データバンクによりますと5月、417品目の食品が値上げ
となります。約6割が酒類と飲料で、去年の5月に比べ
値上げの数は半減したものの、改定幅が大きい商品が目立ち、
オリーブオイルなど上昇幅が80%に達する商品もあるということです。

また、全体の平均値上げ率が31%となり、一昨年4月の
調査開始以来初めて30%を超えました。原材料価格の高騰に加え
、円安が進み輸入コストが上がったことや、賃上げで人件費が
上昇したことが要因だということです。

買い物客も、続く食料品の高騰に音を上げていました。

買い物客:「円安で石油が高い、電気も高いだったら
下げようがないよね。昔のように食べたい好き放題買うというのは
ないよね。なるべく厳選して買うよ」「少しでも安いお店探すとか、
あちこち、野菜はココお肉はココみたいな感じで、
今日もハシゴしています」

大田区の青果店では、客の財布の紐を緩めるべく大幅な値引きを
実施していました。通常1把150円で売っているほうれん草が、
きょうは2把で100円。続く食品の値上げに加え雨の日は客足が
遠のくこともあり、赤字の目玉商品を販売しています。仕入れ価格が
上がれば商品に転嫁せざるを得ないものの、少しでも安く
販売できるよう青果店ならではの強みを活かしたいと話します。

新鮮市場 レ・アルかきぬま 柿沼優助さん:「暑くなってくると
少し葉先が赤くなっちゃたり、そういう野菜が多くなってくる。
そうすると見た目が悪いので、スーパーじゃ売れないという商品が
出てくるので、そういう商品は狙い目ですね。
味自体は変わらないので」

この青果店によりますと、連休明けからは、キャベツや
小松菜といった葉物野菜や、きゅうりやトマトなどの
夏野菜の価格が、徐々に下がっていく見込みで、季節に応じた
狙い目の商品を選択してほしいということです。

帝国データバンクによりますと、1ドル150円台後半の
円安水準が長期化したり、円安が一段と進行した場合、
今年の秋にもさらなる食品の値上げラッシュが想定される
ということです。今後も食料品値上げの波を乗り越えなければ
ならない日々は続きそうです。
【引用元:TOKYO MX】
https://news.yahoo.co.jp/articles/920d690ebccc2c4dbb67f12d37d2aaefa491b202

もう聞きなれてきた「値上げ」というフレーズですが
見たくないフレーズですね。
出来れば一生見たくないフレーズです。
値上げばかりなので同じぐらい「値下げ」というフレーズが
あれば精神的にも良いですが現状はダメージしかありません。
連休明けの夏野菜に期待しております!

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました