2月は食品1626品目値上げ

price-increase.jpg ニュース

「トマトショック」でケチャップや野菜ジュースなど高騰

きょうから2月、今年最初の値上げラッシュです。
去年は3万品目以上の食品が値上がりし、家計に大きな
打撃を与えました。ことしも値上げ傾向は続く見込みで、
今月は1000品目以上の価格があがります。

帝国データバンクによりますと、去年秋以降、食品の値上げは
緩やかでしたが、今月は1626品目と4か月ぶりに
1000品目を超えました。

「今年最初の値上げの波。中でも目立つのが、
トマトを使った商品です」

去年、世界的な猛暑による不作で価格が高騰したトマト。
鹿児島県内でも一時、1玉400円近くまで上がりました。
現在は平年並みに落ち着きましたが、この「トマトショック」の
影響で、トマトを使った加工品の多くが値上がりします。

パスタソースは、▼ニップンが最大4%、▼日清製粉ウェルナが
最大7%値上げ。▼カゴメはパスタソースのほか、
ケチャップなどが最大16.4%、トマトジュースなどが
最大13.6%値上がりします。
▼伊藤園も野菜ジュースなどを最大15.8%値上げします。

(買い物客)
「ケチャップをよく使う。オムライスとか。痛手」
「スパゲッティとかよく食べる。もう仕方ない、
安いところを探すしかない」

和食に欠かせない「だし」も値上げです。カツオの不漁や
缶詰需要の高まりで、▼はごろもフーズ、▼ヤマキなどは、
かつお節やだし製品などをそれぞれ最大20%値上げ。

また菓子類は、包装資材や物流費高騰などの影響で、
▼カンロがアメやグミなどを3~16%、
▼グリコがクッキーやチョコレートなどを
3~13%値上げします。

(フレッシュフィールドなりざわ中山店 中間勝志店長)
「2月1日からの納品分は値段が上がっているが、
先月末までに店に在庫として入っている分は値上げ前の
値段で提供している。今月いっぱいまでは、なんとか
持ちこたえられるのでは」

なお、農林水産省によりますと、2月の野菜の価格の見通しは、
夏場の高温の影響などでタマネギや白菜、
キャベツが全国的に高値の傾向です。

フレッシュフィールドなりざわでは、今月1日時点では
タマネギは平年より2~3割高い3玉238円でしたが、
白菜とキャベツはほぼ平年並みの価格でした。
「仕入れる産地によって価格は変わるため、
変動は見通せない」としています。

4月には、トラックドライバーの労働時間の規制強化による
輸送量の減少など「2024年問題」に対応するため、
さらに3000品目を超える食品の値上げが予想されています。

今年も続く値上げの波、暮らしへの影響が長引きそうです。
【引用元:MBC南日本放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d11cdb8971b91c021a81e3a3766a6d8ed7453659

物流2024年問題による生活品の値上げは
避けて通れない道です。
そうしなければ業界の破綻を加速させてしまい
機能しなくなってしまいます。
値上げになるのは家計には厳しくなりますが
仕方がないと感じます。
正直なところでいうと期限付きでもいいので
消費税の減税を希望します。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました