定形郵便、84円から110円に30年ぶり値上げへ

postal-delivery-car.jpg ニュース

24年秋ごろ【日本郵便】

 総務省は18日、25グラム以下の封書(定形郵便物)の
郵便料金の上限を現行の84円から110円に改正する
省令案を発表した。省令改正後、日本郵便は2024年秋ごろに
110円に値上げする方針。消費税増税に伴う改定を除き、
封書料金は1994年以降据え置かれており、今回値上げされれば
約30年ぶりとなる。はがきも63円から85円に値上げする方針。

 各種手続きのデジタル化などによって郵便物数は
毎年減少している。一方、賃上げや輸送コストの高騰に直面し、
日本郵便は22年3月期決算で郵便事業が07年の民営化以降では
初めて赤字に転落。料金値上げを検討していた。

 総務省は家計全体への影響は少ないとして、18日に省令案を
審議会に諮問した。25グラム以下の封書の値上げ率は31%で、
20円から50円に値上げした76年に次ぐ高さとなる。94年は
62円から80円に値上げされた。最近では消費税が8%と10%に
引き上げられた14年と19年にそれぞれ2円上がった。

 現行の封書料金は84円(25グラム以下)と94円(50グラム以下)
に分かれている。日本郵便は今回の値上げでこの重量区分をなくして
料金を110円に統一する方針。はがきのほか、定形外なども基本的に
約3割の値上げを検討する。今年10月に値上げ済みの現金書留などの
料金は据え置く。

 25グラム以下の封書は国民負担や物価などの状況を勘案し、
郵便法の施行規則で上限が定められており、見直すには総務省令の
改正が必要。ほかの郵便料金は日本郵便の届け出により改定できる。
総務省の審議会は来年3月にも答申し、秋ごろに新料金が
導入される見通し。【道永竜命】
【引用元:毎日新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/9cdbe5cf7d62e2d254b671c605d83ddd7e16c0b6

郵便料金が大幅な値上げになるのですね。
ITが進んで需要は下降線ですので
仕方がないかと感じます。
はがきを送る文化も薄くなり年賀状をされない人も
増加しています。
値上げになるならとやめる方も増えるかと思います。
一般家庭への影響は非常に少ないのではと思われます。
年賀状の文化もいずれなくなってしまうでしょうね。
年末年始は、ゆっくり過ごすという方がその分増加しますね。

はがきなどを年間で多数利用されている
企業としてはダメージが大きいですね。
専門学校等を運営されている場合は
季節イベントでハガキを多量に送付する事が
多々ありますので経費が一気に増えてしまいます。
広告宣伝費等の運用方法についてもこれからは
デジタルが主となりそうですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました