[物流革新]ゆうパック・速達、一部地域で最大半日遅く

postal-delivery-car.jpg 物流2024年問題

途中で荷物積み替える中継輸送推進

 日本郵便は30日、一部の地域で宅配便「ゆうパック」と
速達の郵便物の配達予定を4月から最大で半日程度遅らせると
発表した。トラック運転手の人手不足により、輸送力が低下する
物流の「2024年問題」に対応し、遠隔地では途中で荷物を
別のトラックに積み替える中継輸送を進める。

 日本郵便によると、配送の中継地点で荷物を積み替える作業で、
これまでよりも2時間程度到着が遅れる地域が出てくるという。
例えば、東京都内から午前中に山口県内へ荷物を出した場合、
これまでは翌日午後に届いていたが、2日後の午前に届く予定となる。

 現在の荷物と郵便物から試算すると、ゆうパックは3%、
速達は0・2%程度の量が影響を受ける見通しだという。

 ゆうパックの配達希望時間も見直す。「午後8時~9時」の
時間帯をなくし、「午後7時~9時」とする。時間に余裕を
持たせて、現場の負担軽減を図る。

 野村総合研究所によると、ドライバー不足によって、
30年には現在の約35%の荷物が運べなくなるという。
危機を克服するために、他の物流大手でも、
サービスを見直す動きが出ている。

 ヤマト運輸は昨年6月から、一部地域で宅配サービス
「宅急便」の翌日配送をやめた。首都圏から中国・四国地方に
運ぶ荷物などが対象で、それまで最短翌日に届けて
いたものを2日後に変更した。

 米アマゾンに代表されるインターネット通販では、
翌日配送を重視する考えもある。事務用品通販大手の
アスクルは、配達日を遅らせると、買い物に使えるポイントを
上乗せ還元するサービスを始めた。サービスを希望する
意見も多く、利用者の意識も変わり始めている。
【引用元:讀賣新聞オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/477c2b37523bdb4a9ac135093b871278a62db3e0

お届けまでの猶予を延長する事は賛成です。
これまでは大手各社様のサービス向上による
競争でタイトな状態になっており
これから先は労働時間の問題により
厳しい状況になっていきますので。
首都圏や主要都市以外は配達に猶予があって
良いと感じます。
労働時間の制限と人材不足の重複した問題となりますので
現実的な出来る仕組みに変えていく必要があると考えます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました