オレンジ飲料 相次ぐ販売休止

orange.jpg ニュース

減産で輸入果汁高騰

バヤリースやDole一部規格も

 国内飲料メーカーによるオレンジジュース商品の
販売休止が相次いでいる。主産国での減産などで世界的に
オレンジ果汁が不足し、価格も高騰しているためだ。
国内で流通する果汁のうち約9割が輸入品と推計され、
絶対量が足りていない。事態の収束が見通せない中、
国産果汁の確保に動く国内メーカーも出始めている。

 森永乳業は25日、オレンジジュース商品
「サンキスト 100%オレンジ」(200ミリリットル)の
販売を果汁原料がなくなり次第、休止すると発表した。

 雪印メグミルクは「Dole オレンジ 100%」について、
200ミリリットルを除く1000ミリリットル、450ミリリットルの
販売を2023年4月上旬から休止している。アサヒ飲料も、
「バヤリース オレンジ」(1・5リットルペットボトル)の
販売を23年12月1日出荷分から販売休止し、
販売再開の見通しは立っていない。

 背景にあるのが、世界的な果汁不足と価格高騰だ。
主要な輸入先であるブラジル産の不作で21年の輸入量は減少。
その後も、同国での23年の大雨被害や、それに伴う
カンキツグリーニング病のまん延などの影響で、
オレンジ果汁の不足感が続いている。

 26日発表の財務省の貿易統計によると、3月の
輸入オレンジ果汁の価格は、前年同月比69%高の1リットル
620円で、5年間で2倍になった。円安の影響や
新型コロナウイルス禍の落ち着きで業務需要が
高まっていることも重なり、価格の上昇傾向が続いている。

 輸入果汁不足が深刻化する中、国産果汁を積極的に
利用する動きも出てきた。JA全農子会社の協同乳業は、
国産果汁だけを使用した飲料「農協果汁」を14年ぶりに復活。

4月から販売している。商品販売を通して果樹産地を下支えする。
 国産かんきつ果汁の需要増の好機だが、
国内のかんきつ産地は高齢化などを背景に生産基盤の
弱体化が進んでおり、供給力の確保が課題となる。(永井陵)
【引用元:日本農業新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/efcf61ab3ce0b39d89ba6f4c50923001a749e9b1

しばらくはオレンジジュースは飲めそうにないですね。
子供たちの朝食用にオレンジとアップルジュースを
買っていますがオレンジの代用品を探して対応します。
回復する事を願っております。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました