残業規制、4業種でスタート

new-Year2024 物流2024年問題

運転・建設・医師など就労改善

 働き方改革関連法に基づく時間外労働(残業)の
上限規制が1日、自動車運転業(トラック、バス、タクシー)、
建設業、医師、鹿児島・沖縄両県の製糖業の4業種に導入された。
過労死まで招いた長時間労働の反省から始まった働き方
改革の節目で、就労環境の改善が期待される。
一方で既に顕著だった人手不足がさらに深刻化。物流停滞、
建設工期の遅れなど景気の減速要因となる「2024年問題」
として強い懸念も広がっている。公共交通、医療提供体制への
影響も注視され、社会全体で働き方を問い直す契機となりそうだ。

建設業、工事遅れや倒産増懸念 残業規制、4月1日スタート

 この規制自体は19年から多くの業種で導入されていた。
4業種は業務特性から長時間労働が常態化し、早期導入が
難しいと判断。改善を図るため5年間猶予してきた。

 新たに、自動車運転業に「年960時間以下」などとする
上限を導入。時間数や例外規定は業種により異なる内容だ。

 政府によると、物流分野で十分な対策が講じられない場合、
24年度に輸送能力が14%、30年度には34%不足すると推計される。
【引用元:共同通信】
https://news.yahoo.co.jp/articles/df6725b28bc7bc4a34b65c5d12c1f236040c9c29

本日より新年度がスタートしました。
同時に残業時間の上限規制もスタートとなりました。
長時間労働が規制となりますので労働時間の管理を
徹底しなければなりません。
中距離~長距離のドライバーさんは特に注意が必要です。
今年度は輸送能力が14%不足するとの推計がされていますが
どのような結果になるのか気になるところですね。
不要な待機時間が発生しないように荷主側の段取りが
重要ですね。
新年度スタートですので皆様、健康に気を付けて
1年間頑張っていきましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました