スマホ没収、夜の行進40km…

training.jpg ニュース

“地獄の社員研修”がハードすぎる。「時代錯誤」の声に担当者は

理不尽な上司やわがままな部下、さらには居丈高な取引先との
軋轢から、誰しもメンタルをやられてしまうことはある。
ストレスフルな時代と言われている今、強メンタルを
手に入れるにはどうすればいいのか? 
打たれ強く生きるためのノウハウを学ぶ。
今回は、心と体を鍛え上げるハードな社員研修を取り上げる。

大手企業も採用。令和でも必要とされているハードな社員研修
心と体を鍛え上げるハードな社員研修は令和でも
必要とされている。食品大手の日清食品ホールディングスでは、
コロナ前までは頻繁に「無人島サバイバル研修」を実施。
文明社会から隔絶された自然の中で生活することで自活力を
磨き将来の「骨太の管理職」を育成するという。

また、ゲームソフト制作大手のバンダイナムコエンターテインメントでも、
新入社員向けに「MANZAI研修」を行い、大勢の厳しい視線が
集まるなかオリジナル漫才を披露させ、
自分の殻を打ち破る経験を積ませている。

“地獄の訓練”として名高い管理者養成学校
そんななか、多くの企業がこぞって社員を送り込む
「社員研修」がある。企業の幹部候補生を育成する
“地獄の訓練”として名高い管理者養成学校だ。

「基本的には13日間、富士山の麓の合宿所で、
早朝から夜まで分単位でカリキュラムを実施。
スマホを預け、テレビもラジオもネット環境もない施設で、
社会生活から切り離され、研修に100%没頭できる
環境となっています」

そう話すのは社員教育所の広報担当者。
これまでに延べ30万人が受講したという特別プログラムは、
ブートキャンプの要素も盛り込まれているという。

会社と同じ環境を再現し強靭なメンタルをつくる
「毎朝5時30分に起きて朝礼。一人ひとり大きな声で
スピーチをした後、清掃をします。そしてその日のリーダーが
管理者に報告。点数がつけられていくのですが、リーダーが
問題発見能力、伝達能力、時間管理能力を持っていないと、
合格点は出ません。メンバーはランダム。会社と似た環境を
つくってどう動くのかが試されています」(広報担当者)

人前で歌う、ひと晩で40km行進。社会と断絶して自分を追い込む
強靭なメンタルをつくり上げる特別カリキュラムはまだまだある……。

「消極的姿勢を打破するため、施設近くの駅前に立って、
大声で歌を歌う訓練(現在は研修施設内で実施)。
また膨大な量の課題と、それを発表するプレゼンなどがあります。
そして、7日目に行う大きなイベントが、一晩かけて
40㎞歩き続ける『夜間行進』。グループに分かれて指揮官を決め、
メンバーに指示を出し先陣を切ってもらいます。
あくまで追い込まれたときにどうするか、過程の様子を
見ているんです」(広報担当者)

地獄の訓練を乗り越えて、一生使える強メンタルを手に入れる
こうした厳しい訓練をすべてクリアすると晴れて卒業となる。
OBでもある塩沢産業の山口英俊社長が、当時の体験を語ってくれた。

「覚悟ができていたため、逃げ出したいと思ったことは
なかったですね。むしろ、何事にも全力で取り組むことで、
何にも動じなくなりました」

コンプライアンスが厳しい現代においては、「時代錯誤」
という声もありそうだが……。

「働いていると、どうしても課題に向き合わなければいけないことは
よくあること。そこでどれだけ本気になれるかで、管理者としての
資質が問われる。時代錯誤と言われるなかでも、企業からの
問い合わせは途絶えません。結局、いつの時代も、一生懸命やることで
しか得られない経験があるんです」(広報担当者)

肝心の受講料は36万5000円ほど。地獄の訓練を体験することで
一生使える強メンタルが手に入ると考えれば、安いものか。

「地獄の訓練」の一日
5時30分~ 起床
起きたら布団を綺麗に片付けて、すばやく訓練服に着替えて、
日替わりの班長、副班長の交代式を行う

6時00分~ 朝礼で一人ずつスピーチ
全員が校庭に集まる。内容は班長の報告、校歌斉唱、ラジオ体操、
スピーチなど。集合の列が乱れると何度もやり直す

7時00分~ 朝食・清掃
清掃は自分たちの部屋の中だけでなく外も隅々まで
掃除しなければならない。合格が出るまで何度もやり直す

8時00分~ やり直しが続く訓練
ラジオ体操の練習など。動きが違ったり、声が小さければ
イチからやり直し。その他挨拶の練習、行進、速記など

12時00分~ 昼食・休憩
「いただきます」の声は全員で一斉に。少しでも伸ばすと
やり直しさせられるため食事中も気が抜けない

13時00分~ 訓練
管理者としての基本動作10か条を暗記。500字以上を
丸暗記しなければならない。その他歌唱訓練、素読など

19時00分~ 座り方を指導される夕食
ごはんやおかずの配膳の仕方はもちろんのこと、食事の姿勢や
箸の使い方、椅子の座り方まで厳しく指導される

19時30分~ 報告書作成
報告したい内容を簡潔な文章で表現する。
報告書の基本的な書式や書く習慣が鍛えられ、
明解な表現が身につく

20時00分~ ルールがある入浴
「頭からお湯を1~2杯かぶる」など入浴の仕方にも
ルールがあり、入る前に全員で確認しなければならない

21時00分~ 携帯がない自由時間
忙しい一日の中での唯一の自由時間だが、携帯が使用できないため、
自然に班員と対話が増え仲良くなる

22時00分~ 就寝
訓練服を脱いで班員全員で就寝。22時30分完全消灯のため、
話したり電気をつけていたりすると厳しく注意される
【引用元:週刊SPA!】
https://news.yahoo.co.jp/articles/24f4b4e9da48fd24699a3298652061d1a20758f4

約2週間の地獄の訓練ですね!
管理者養成のための研修ですね。
今の時代の人には合わないと思います。
ギャップがあり過ぎるかと。
40代より上の人がギリギリの世代(昭和生まれ)
なのかなと・・・
確かにメンタルは鍛えられる側面もありますが
メンタルが潰れてしまう事もあります。
諸刃の剣だと感じます。
研修は人によって向き不向きがあるので
これからの育成はそこを見極めて受講させていくのが
良いと考えます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました