「福男選び」5千人が参道駆け抜ける

Nishinomiya-Shrine.jpg ニュース

1番福は尼崎の大学生、3番福まで初参加 西宮神社、前日夜から長蛇の列

 えべっさんの総本社・西宮神社(兵庫県西宮市社家町)で
10日早朝、恒例の「開門神事福男選び」があった。
約5千人が本殿までの参道約230メートルを全速力で
駆け抜け、追手門学院大学1年で陸上部に所属する
髙谷望巳さん(19)=尼崎市=が「一番福」を手にした。

 江戸時代ごろに始まった「走り参り」が起源とされ、
毎年本えびすの10日に催される。
スタートの際に先頭に並ぶ「前列組」に入ろうと、
前日の9日夜から神社前には長蛇の列ができ、
先着1500人から抽選で216人が選ばれた。

 夜明け前の午前6時、表大門が開くと同時に参加者は
一斉に境内へ。右に130度曲がる通称「てんびんカーブ」や、
直線約100メートルの「福男道」を走り抜け、
行く手を阻む「審判のクスノキ」をかわすと、右直角の
「魔物の角」を曲がり切って本殿へと駆け込んだ。

 高谷さんに続く二番福は鳥取県東部広域行政管理組合消防局に
所属する山下慎之介さん(23)=鳥取市、
三番福は神戸大学4年のアメフト部員、
多田龍平さん(23)=西宮市=だった。
一~三番福の3人は、いずれも初参加だった。(地道優樹)
【引用元:神戸新聞NEXT】
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbabbe42dd6864c432c5ab5f6a2563c7bba503be

今年も「開門神事福男選び」が開催されましたね。
足が速いだけではなれない「福男」です。
1500人の抽選で216人に入り、そしてその216人でも
先頭部分に入れないと勝ち目がありません。
216人に入れるだけで十分に福男ではありますが
やはり一番福がいいですね!
一~三番福のお三方も走られた残り213人の方も
皆さん、おめでとうございます。
皆さん、良い年になりそうですね!

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました