物流2024問題解決に向けた共同運行

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

日本郵便とセイノー

日本郵便グループとセイノーグループは、物流業界が抱える
課題解決の一環として、幹線輸送の共同運行トライアルを
2月~3月にかけて実施した。参加したのは、
日本郵便グループの日本郵便、日本郵便輸送、
JP ロジスティクスの3社と、セイノーグループの
セイノーホールディングス、西濃運輸の2社。

【この記事に関する別の画像を見る】

物流業界におけるドライバー不足を原因とした
2024年問題の解決に向け、企業の垣根を超えて
行なうとする取り組み。両グループは、
幹線輸送(集荷側の拠点から配達側の拠点への長距離輸送)の
輸送効率を高めるため、以下の内容を実施した。

トライアルの内容
・隣接する拠点を活用した荷物の積み合わせ
・自社内で積載調整を行なっていた荷物の融通
・積載率の下がる土日の荷物の集約など

トライアルの区間(対象会社)

以下の区間で、2024年2月から3月にかけて実施

・東京~大阪・滋賀(西濃運輸、JPロジスティクス)
・東京~名古屋(西濃運輸、JPロジスティクス)
・神奈川~栃木(西濃運輸、日本郵便輸送)
・埼玉~福島・宮城(西濃運輸、日本郵便輸送)
・大阪~徳島(四国西濃運輸、日本郵便輸送)

両グループは、これらの取り組みの結果、既存の配達日数を
変更することなく、トラック台数を削減するなどの効果を
確認した。今後も幹線輸送における共同運行の
可能性を追求していく。
【引用元:Impress Watch】
https://news.yahoo.co.jp/articles/6deeaf0563f2e98dc2fdf22b0ed1b2966476b34a

幹線輸送の共同運行がまた増えますね。
これからもどんどん増えていくことになるかと思います。
双方にとってメリットがあり物流の改善にもつながります。
良い傾向にあると感じます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました