「三陸の魚が豊洲に届かなくなる」

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

“2024年問題”深刻 トラック事業者と国などが対応を協議 岩手

ドライバーの時間外労働の規制強化に伴う様々な影響が
予想される物流の「2024年問題」。4月の規制強化開始を
前に22日、課題解決に向けた会議が開かれ、
関係者が意見を交わしました。

岩手県矢巾町の県トラック協会を会場に行われた会議に
参加したのは、運送業界の他、「荷主」と呼ばれる配送の
依頼主となる企業の団体や国の担当者など合わせて19人です。
物流の「2024年問題」では、トラックドライバーの労働環境の
改善に向けて時間外労働時間が今年4月から法律で
年間960時間に制限されることに伴い、運送業界の深刻な人手不足、
さらには輸送能力の低下や物流の停滞が懸念されています。
会議の中では、特に対策が急務とする農林水産物の輸送について、
これまで慢性的に運送事業者が行ってきた荷物の積み下ろしを
荷主側が担うことで負担軽減を図る実証事業に
取り組むことなどが決まりました。
業界の努力はもちろん、今後は予想される輸送コストの
上昇への利用者の理解も求められます。

(東北運輸局 石谷俊史局長)
「商慣行という名のもとにトラック事業者が我慢して受けてきた
さまざまな問題がある。それを解決していかないと皆さんの手元に
商品が届かない事態が起きる。その点を理解してもらい
必要なコスト(送料等)負担をお願いしたい」
(岩手県トラック協会 髙橋嘉信会長)
「法律を守って例えば三陸の魚が本当に豊洲市場に届くかというと、
多分無理だと思う。後は関係する事業者がどう考えるか」

会議は今年3月にも開かれる予定で、引き続き官民を挙げて
課題に対応していくということです。
【引用元:IBC岩手放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/53b2ac0c9d0a8e278e3f544a3a6e9fe6e426ee03

三陸の魚を豊洲市場へ運ぶには中距離以上ですので
運行時間もそれなりにかかります。
コメント欄を除いてみて驚いたのは
「三陸の魚は豊洲に運ばずに現地で食べればいい」や
「豊洲市場は近郊で取れる分だけを扱えばいい」の
声でした。しかしながらこのような事になれば
関東圏のお寿司屋さんや魚屋さんは大ダメージとなります。
取り扱っていた食材がなくなることになります。
現地の食材だけだとお客様満足度も下げてしまうようになります。
そういったことを考えると輸送費についての値上げが
進むとともに食材の卸値が上がり、お店で販売及び提供される
単価が上がることは必須です。
これは仕方がない事だと考えます。
活きたまま届く魚が冷凍ものの魚に変わり輸送されることに
なることも考えられます。
今回の記事は魚でしたが、その他の生鮮食品への影響は
同様にあります。
関係各所全てに関わることですので各々が問題をクリアするために
どうするのかをしっかり考え協力体制が必須ですので
問題解決に一歩ずつ改善が進むことを願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました