物流拠点も「置き配」の時代?

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

暗証番号でシャッター開閉できる「賃貸型」施設が完成

福岡県小郡市に、複数の企業が利用できる大型の物流施設が
完成しました。ドライバーの残業規制で荷物が運べなくなる
おそれがある「2024年問題」に対応する機能も備えています。

暗証番号でシャッター開け「置き配」

小郡市に完成した「GLP福岡小郡」は地上4階建てで
最大8つの物流会社が利用することができる賃貸型の
物流施設です。トラックヤードでは、ドライバーが暗証番号を
入力してシャッターを開け人のいない時間帯でも荷物の
積み下ろしができる「置き配」のようなシステムを導入しています。

広がる「中継の倉庫」
ドライバーの待機時間を減らすことで、残業規制により荷物が
運べなくなるおそれがある「2024年問題」に対応するねらいです。

日本GLP山後正憲プロジェクトマネジメント部長
「運転手の働く時間が規制されると、一回で届けられない
場所に中継の倉庫をつくる、そういった物流の拠点を広げていく」

このほか、従業員の休憩スペースや地域住民のための
交流スペースも設けられていて、災害時には避難所としての
活用も想定されています。
【引用元:RKB毎日放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2f2d19c630909ebad07af653ec048d278029b8d

倉庫部分にもシャッターがありバースと分離できているので
防犯対策はできるので置き配のようにドライバーが降ろすことが
出来るのは良いですね。
納品書と荷物の確認をして受領印をする工程をどのように
自動化できるのかというところですね。
AIカメラで確認が出来て合否判定をしてバースに設置した
プリンターより受領書が発行されるもしくは運送業者へ
自動メールが配信されるなどがあれば便利ですね。
混載パレットではなく単体パレットであれば
今の時代ならおそらくできますね。
AI化されていき業界内が便利になっていくことは
これからはマストですので期待しています。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました