青森市に「積替ステーション」開設

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

人手不足解消 トラックの荷物を鉄道へ

トラック運転手の残業規制強化に伴う人手不足などいわゆる
「2024年問題」を見据えた対策です。
トラックで持ち込んだ荷物を鉄道用コンテナに積み替える
県内で初めての施設が青森市に開設されました。

青森市東青森駅構内に新たに開設されたJR貨物東北支社の
「積替ステーション」です。
開設の狙いは鉄道輸送の利用拡大です。

★青森放送 葛西将央記者
「これまで鉄道輸送を利用する際はこのような貨物コンテナを
積み込む専用のトラックが必要でしたが積替ステーションでは
一般のトラックでも利用することができます」

運送業者はこれまで貨物コンテナを東青森駅に取りにきてから
自社で荷物を積み込み再び駅まで運ぶ必要がありました。
積替ステーションではコンテナを取りに行く手間が省けるほか
一般のトラックから鉄道用のコンテナへ積み替えに使う
フォークリフトも配備されています。

★JR貨物北東北支店青森営業所 桑折和歩所長
「県内農産品が特産品ですのでそういったものも
含めてですね工業製品だったり引っ越し荷物など幅広い荷物が
取り扱い可能です 専用のトラックというのはやはり数が
少ないですのでそういった意味では(一般のトラックで
持ち込めることで)利用拡大につながるかと思います」

迫る物流の「2024年問題」。
JR貨物東北支社は長距離輸送の新しい選択肢として
活用を呼びかけています。
【引用元:青森放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d749e3d562a49c442afa3607b5b835ab8e6f4a53

このような取り組みは利用者のハードルも下がるので
良いですね。
コンテナを現地まで運ぶ事も削減できますので
効果があります。
鉄道輸送はこれから利用が増えて長距離輸送で
主となっていきますので効率的に利用できる
仕組みの構築に期待しています。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました