運転手の3割が「知らない」 民間調査

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

物流の2024年問題

 社会保険労務士向けの業務効率化サービスを展開する
「KiteRa」(東京都港区)は、トラック運転手の残業規制強化に
伴う「2024年問題」に関する実態調査の結果をまとめた。
回答した運転手のうち約3割が「(24年問題を)知らない」
といい、一部に理解が進んでいないことがわかった。

 調査は9~10日、20代以上のトラック運転手の男女600人を
対象にインターネット経由で実施した。その結果、回答者の
34%が「物流の2024年問題を知らない」と回答した。
また、77%が「勤務先の研修や説明会などが何も
行われていない」と答えた。

 また、回答者の1割弱が月80時間以上の時間外労働を
していることもわかり、現状のままでは上限規制に違反する
可能性が高いケースが一定数に上りそうな懸念も透けて見えた。

 時間外労働が発生する原因を聞くと、人手不足や仕事量の多さ、
残業が当たり前の環境であることなどが回答数の上位に入った。
また、回答者の約6割が勤務先の就業規則を見たことがないとした。

 24年問題に備え、働きやすい環境づくりや
コンプライアンス(法令順守)意識の向上など、
トラック業界の課題解決が急務といえそうだ。
【引用元:毎日新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d07cff44565869ea5bcc6bee3f0bd30a7285c17

3割の方が2024年問題を知らない・・・
6割が勤務先の就業規則を見たことがない・・
業界は教育不足として理解しないといけないですね。
就業規則は無かったりちゃんと作っていなかったりなどが
考えられます。そのため入社時に開示してちゃんと見せたりを
していない現状があると思われます。
従業員として働くのであれば就業規則は
自ら申し出て内容を確認する事が重要です。
意味不明な内容があったり不利なことが
書かれていたりすることもありますので。
自分を守るためにちゃんと確認しましょう。

2024年問題を知らない人が3割もいること自体が
大問題ですね。。。
皆さん、自分の働く業界の事の情報収集を
お願いします。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました