【2024年問題】スーパーで品切れが増える?

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

配送業者の働き方改革 「特売の頻度が減る」可能性も

ずらりと商品が並び、欲しいものがいつでも手に入るスーパー。
しかし、今後は陳列棚の商品が品切れや入荷待ちなどといった
状況になる可能性があります。

■【動画で見る】スーパーの“特売”減る?
『物流2024問題』ドライバーの過重労働軽減 
荷物が届かなくなるとの試算もあるが…
「当たり前を変えて」と専門家

その背景にあるのは「2024年問題」です。現状を取材しました。

■スーパーに「配送の便数をちょっと減らしたい」

関西で9店舗を展開するスーパー「MISUGIYA」。

【買い物客】「色んな物が(値段)上がってます、ふりかけもそうやし」

【買い物客】「パンとか小さくなってるような気が…」

調味料や加工品など、数多くの食品が値上がりする中、
さらにトラックドライバーの残業時間の制限、
いわゆる「2024年問題」の影響も出ているといいます。

【MISUGUYA店舗管理部 釘宮 聡部長】
「最近、取引先さまからは便数を、配送の便数をちょっと
減らしたいというようなご相談があったりしたんですけれども、
それにつきましては、今のところ『それは困る』と(言っている)。
お客さまに直接ご迷惑おかけすることになるんで、それは何とか
ならないかということで、お願いしているところです」

今後、配送の数が減っても対応できるよう、このスーパーでは、
商品を1カ所にまとめて届けてもらい、そこから近くの店舗に
別の車を出して運ぶという工夫を始めています。

また、配送コストが上がっても、物価の上昇もあって商品の
値段には転嫁できないといいます。

■特売が減る?品数の減少などの懸念も
しかし、いずれはお客さんにも影響が出るかも
しれないという、こんな心配が…。

【MISUGUYA店舗管理部 釘宮 聡部長】
「特売の頻度が減ったり、品数が減ったり、そういうことが
起こる可能性、懸念としてはありますけど」

買い物客は…。

【買い物客】「困ります。物がないとかあんまり考えないので、
あるもんやと思って来ているから、でもありますもんね、
実際ね、今のところは」

Q.それがなくなったらどうしますか?

【買い物客】「なかったら何もできない。
塩だけ、塩コショウの味付けになる」

【買い物客】「われわれも考えを変えなあかん!」

欲しいものがすぐ手に入るとは限らない時代が
やって来るかもしれません。
【引用元:関西テレビ】
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dd2d2c150f6490e2a923972c2f63b9506248582

街のスーパーやコンビニはバックヤードが非常に狭くて
頻回に商品の補充が必要です。
過去は運送業界にとって、このことは仕事が増えるので
良かった面がありますが現在となっては苦しくなる
結果となります。
駐車場は十分に広いが店舗のバックヤードが狭い店が
多数ありますので敷地内に仮設のバックヤードを
設置するなどをした方が良いと考えます。
そうする事で納入の便を減らしても品切れ対策の
1つとなります。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました