物流「2024年問題」本格化

plane.jpg 物流2024年問題

ANAが貨物料金最大10分の1に引き下げ

航空大手のANAホールディングスが、
来月から国内の航空貨物の料金を最大で
10分の1に引き下げることが分かりました。

 ANAの貨物運賃は現在、羽田と福岡や新千歳を
結ぶ路線がコンテナ1台あたりおよそ20万円ですが、
4月からは2万円に引き下げます。

 トラック輸送と同じ水準の運賃にすることで、
航空貨物の利用拡大につなげる狙いです。

 およそ20%しか利用されていない、昼間の定期旅客便の
貨物室のスペースを活用するとしています。

 4月からは物流の「2024年問題」が本格化し、
トラック運転手らの人手不足が懸念されています。
【引用元:テレビ朝日系(ANN)】
https://news.yahoo.co.jp/articles/83c11108cd6f940e4b91165f6761e619481d5e71

大幅な料金変更ですね。
EC関連の小さな荷物を運ぶには良いですね。
これだけのコストダウンとなると積極的に
利用していくことになると感じます。
国内線がドンドンこのように活用されるように
なると非常に大きいですね。
他社の動向にも期待しております。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました