【物流の2024年問題】半数以上が転職を検討

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

「女かよ」と偏見 それでもZ世代ギャル長距離トラックドライバーが仕事をやめない理由

ニッポンの2024年問題とは? #10《前編》

4月1日にトラックドライバーの働き方改革関連法案が
施行となる。本来はトラックドライバーを守るために
労働時間の限度を定めた法案だが、労働時間が制限される
ことで逆にドライバーが働きづらくなることが懸念されており、
「物流の2024年問題」として報じられてきた。
施行直前、実際に働く現場ではなにか変化があるのか。
現在23歳、2000年生まれの大型トラックドライバー女性の
長谷川春菜さんに話を聞いた。

【写真】「ギリギリ手積みができます!」
と語る長谷川さんのデコネイル

4月1日以降、時間外労働の上限が年960時間に
制限されることで、日本の物流に混乱が起きることが
懸念されている「物流の2024年問題」。4月1日を前にして、
現場ではなにかしらの対策が講じられているのだろうか。

DXが進めばいいという話ではない
――トラックドライバーの働き方改革関連法案の
発動(4月1日)が、迫ってきましたが、現場で働く
ドライバーの皆さんに動揺はありますか。

長谷川さん(以下同) 
ドライバー仲間とは「こうなったらいいよね」という
話しかしません。実際に始まってみないと
わからないところが多くて。

――具体的な対策が進んでいる部分はあるのでしょうか?

荷積み、荷下ろしの効率化をはかるとか、対策を講じている
荷主さんもいますが、全体でみるとまだごくわずかです。

高速料金を負担してくれるのか。運賃アップに応じてくれるのか。
現状だらだら待たされる荷待ち時間の解消は本当にできるのか。
すべて荷主さん側の裁量なので、そこがわからないと、
「ドライバーにどんな影響が出ますか?」と
聞かれても答えられないんです。

いまあげた点が改善されないと
働きにくくなることは確かですね。

――テレビなどではグラフを示して荷積み・荷下ろしの
時間短縮が進んでいると伝えているニュースも
みかけますが、実際には?

誰に何をどうやって聞いたらあのグラフになるのか、
不思議な気持ちになります(笑)。いまでもドライバーが
荷物の手積み・手下ろしをしなきゃいけない現場が
たくさんありますから。

――物流業界全体でDX化が進んで手積み・手下ろしが
なくなると効率化は図れるのでしょうか?

フォークリフトでパレットを積むほうが時間は短縮できますが、
手積みのほうがきれいに多くの荷物を積めるので、
1回の輸送で運べる荷物の量は違ってきますね。

ドライバーの中には手積みの美しさ、芸術的な積み方をすることに
命をかけているという人もいたりして、一概に機械化が進めば
いいとはいえないんですよ。トラックドライバーが働き方改革の
恩恵を受けることができるのは、まだ先だと感じています。

なぜか改善されない荷待ち
――実際に走っている時間よりも、荷下ろし・荷積みの際の
荷待ちの列がドライバーの労働時間を浪費させていると
報じられています。問題に対応するため、あらかじめ到着時間を
予約する「トラック予約受付システム」(バース予約システム)を
導入する荷主さんもいるとか。

いまはまだ、そういう荷主さんもいらっしゃる…
という程度ですね。全体の数パーセントだと思います。

そんなシステムを導入しなくても、「何時に積み込んで、
何時に下ろす」という荷主さんからの指示時刻を、トラックごとに
少しずつずらすだけで、違ってくるはずなんですけどね。
なぜかそれが出来ない。

――列に並んで、自分の順番が来るのをだらだらと
待つことになる現状は変わっていないと。

そうですね。その間は仮眠も取れないですし、ドライバーに
とっていいことはひとつもないんです。なのになぜか一向に
改善されず、そのやり方が昔からずっと続いています。

――1台ずつ時間を決めたとき、その時間に遅れる
ドライバーさんがいると、結局長い列を作ることに
なるんじゃないかという危惧が荷主さん側にあるのでは?

ドライバーが約束の時間に遅れることは、基本的にはありません。
ドライバーにとってはそこが矜持、みたいなところがありますから。

もちろん天災や事故による渋滞、ドライバーのミスで納品時間に
遅れてしまうこともありますが…。
でももう少しドライバーが働きやすくなるように、
業界全体が変わっていってほしいですね。
労働時間に制限をかければいいという話ではないと
思っています。

女性ドライバーの覚悟
――ある求人サイトがトラックドライバーの方に、
「『物流の2024年問題』で給料が下がったらどうしますか」
というアンケートを取ったところ、半数近くが転職を考えると
答えています。もしもこの先、給料が減ったら
長谷川さんはどうされますか。

イヤです(笑)。

トラックドライバーを守るための改革なのに、仕事は何も変わらない。
でも給料は減るというのは納得できないです。

――そうなった場合、長谷川さんも転職を考える?

トラックのドライバーになるのが夢だったので、
私は何があってもやめないです。

――トラックドライバーの中には会社に属さずフリーで
仕事を請け負っている人もいます。

もらえるお金は多くなるんでしょうけど、その分負担も
増すわけで。手元に残すお金を増やすために高速を使わず
下を走ろうかなとか、自分を追い詰める働き方をして
しまいそうですし、経験の少ないいまの段階では考えていません。

――万が一事故でも起こしたらということですよね? 
今回の働き方改革の施行ではもうひとつ、ドライバー不足…
とりわけ、女性ドライバーの不足にも焦点が当てられています。

法律がどう改悪されても事故はドライバーの責任ですからね。

女性ドライバーは全体としてではまだ少ないですけど、
増えてはいるしそもそも女性は入ってくるときの
覚悟が違うんですよ。

――覚悟とは?

ドライバーは「自分の腕で稼きたい」と思っている人が
多いんです。基本的にひとりきりの肉体労働ですからね。
そんな業界に入ってこようとする女性はまず
肝が据わっていますよね。

シングルマザーの方も多いですが、「この手でこの子を
食べさせていくんだ!」という強い覚悟がありますから。
簡単にはめげないし、やめないです。

――女性だから…という目でみられることはありませんか?

ありますよ。この時代でもたまに荷先で「女かよ」と
いわれたりしますから。そういうときは、「はい女です!」
と答えるんですけど(笑)。

でも私はまだいいほうで先輩の女性ドライバーたちは、
もっと酷いことをいわれたり、差別されてきたんだと思います。
そういう先輩たちの苦労があって、いまの私たちがいるんです。
そのことは絶対に忘れちゃいけないし、たとえ4月から
働き辛くなっても、バトンを次の世代に繋げていきたいと思います。
【引用元:集英社オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d68de0f1a691686ea8e2e1ffcc8746a0742c050

女性ドライバーに物珍しさの対応や偏見を
持っている人がやはりいるのですね。
一昔前ならともかく今の時代でも・・・。
一昔前はかなり少なかったですが
今は女性のドライバーさんはよく見かけます。
男性ドライバーよりシャキシャキとした対応で
パキパキ仕事をされています。
Xをみていても女性ドライバーさんのポストを
見かけたりしますが業界にとってはとても良いと
いつも感じます。
頑張っている方を阻害するような人は残念ですね。
過保護にするのではありませんが歓迎の意識を
もって対応していきましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました