空輸をトラックより安く

plane.jpg 物流2024年問題

ANAとロジレスが物流DXで貨物室フル活用

ANAとEC自動出荷を手がけるロジレスは、2月27日、
空輸と物流DXを連携させ、効率的なEC物流を
構築したことを発表した。日中にスペースが空きがちな
国内定期便の貨物スペースを物流DXにより活用し、
「物流の2024年問題」で翌日配送が難しくなった
EC販売事業者の配達範囲を拡大。関東地区発、
中国・四国地方の岡山以西の翌日配送が可能になり、
今まで難しかった島嶼部を除く九州地区全域への
翌日配送も実現する。

【この記事に関する別の画像を見る】

従来はEC事業者の担当者による受注処理を経た後に
出荷指示が倉庫に送られていたため、倉庫にデータが
届くまでに時間がかかっていた。
また、出荷のタイミングで配送手段を選別する必要があり、
航空便を活用しようとしても、最も早いタイミングで
翌日早朝便へ搭載されることが一般的だった。

ロジレスによる物流DX推進により、客からのオーダー、
倉庫における発送作業、ANAの飛行機の貨物空きスペース
活用までをシステムで一括管理し、輸送までのプロセスを
簡素化することが可能になった。
これにより、航空便搭載までのリードタイムを最大で
4時間短縮。日中の国内線定期便の出発間際まで荷物を
受け付けることが可能になり、貨物スペースを有効に
活用できるようになった。

ロジレスのシステムでは、コンテナに複数の事業者の
荷物を混載可能で、積載率を向上。従来のトラック輸送と比べ、
同等かそれ以下の輸送単価に抑えることができるという。

■ 従来よりも広い範囲での翌日配送が可能に

ANA Cargo 常務取締役の末原聖氏は、
最初に「物流の2024年問題」への航空貨物の活用を
考えるにあたって「まずお伝えしなければならないことは
既存の輸送力を十分に活用できていない点だ」と述べた。
簡単にいうと飛行機は空いている。国内線の貨物輸送は
初便帯と終便帯に集中しており、ほとんどの便でスペースに
空きがある。国内旅客定期便の貨物重量利用率は約20%。
この空いたスペースを活用することで、年間125万トンの
輸送力を提供できるという。

特に、10時から17時の間に出発する昼間便は空きスペースが多い。
主要3幹線と呼ばれる羽田と千歳・伊丹・福岡を結ぶ
需要の高い便においても平日のコンテナの搭載率は
約30%に留まっている。
主に中・大型機が運行しているこの3路線の空きスペースを
活用することで1日あたり10トントラック140台分の
輸送力が提供可能になるという。

ANAではこの空きスペースを活用するために、4月には
対象便を限定して、トラックによる陸送と比較しても
競争力のある新運賃の設定を予定する。
ただし国土交通省への届出はまだ済んでいない。

なおANA Cargoでは一般の顧客でも簡単に予約できる
ポータルサイトを提供している。スマホやパソコンから
24時間空きスペースを確認し、予約ができる。
2024年秋にはAPIも公開予定で、多様な取引先と
システム連携することで新たなビジネスモデル構築を目指す。

今回のロジレスとの提携も秋にはさらに拡大し、自動化する。
現在は一元管理できていないのでマニュアルで
作業しているという。また、今回の取り組みは空きスペースを
利用するものなので、トラックで運送した場合に比べても
追加の環境負荷は低いという。

「早く、安く、無理なく荷物を運ぶスキームを提供する。
顧客は高い利便性を持続的に享受できる。
航空搭載までのリードタイムを最大4時間短縮でき、
輸送時間を大幅に短縮できることで従来よりも広い範囲で
翌日配送が可能になる。荷物は航空コンテナのまま荷姿を
変えることなく搬送することで大幅に労力を短縮できた」
と述べ、「まったく新しいEC物流をローンチすることで、
今後のEC市場の成長にも貢献できることで大いに
やりがいを感じている」と語った。

最初は倉庫や路線を限定して実施するが、「追加アセットは
必要ないので、ニーズがあればどこでも広げられる」
と考えているという。売上目標については「現時点では立ててない。
現在は実証実験の段階」とのことだった。

■ トラック利用よりも早く安い

ロジレス 代表取締役CEOの足立直之氏は
「よりお客様の手元まで届けるラストワンマイルの
サービスを手がける」と述べた。
「安く、早く、無理なくエンドユーザーまでお届けできる
サービスを構築できた。東京から出た荷物が鹿児島まで
翌日に到着する。航空便は高いというイメージがあると思うが、
データを活用し、効率よく荷物を集めることでトラックよりも
安く運べる。旅客機の空いている部分を使わせてもらうので
無理なくサービスが実現できる」と語り、「従来どおりトラックで
運ぼうとすると『物流の2024年問題』によって配送時間が長くなり、
翌日配送可能エリアはどんどん狭くなる。飛行機を使うと、
従来よりも広い範囲で翌日配送が可能になる。
早く届くことはやはり魅力的」と述べた。
ECサイトのアンケート結果を見ても、「早く届く」ことは
利用者から高く評価されているという。

そして「これまでは日本国内に複数の拠点を置いて、
トラックでも配送できる多拠点を維持するものだった。
そのためには資本が必要。ANAさんとの取り組みで簡単に
安く早く届けられるようになる。
物流がボトルネックになっているなかで新たな常識を
作ることができる仕組みだと考えている」と語った。
特に九州に関しては従来の陸送よりも20%安い
という結果が出たという。

■ 荷物の荷姿を変えず、そのままコンテナを搭載

EC商品のコンテナへの搭載は、事前に物流倉庫内で
行なわれている。それがそのまま空港に運び込まれて、
航空機に積載される。物流倉庫でのピッキングには
ロジレスのシステムが使われている。

一連のフローも実際の荷物が搭載される様子とともに
紹介された。今回運ばれた荷物は主にアパレル商品。
今後はさまざまな商品を対象としていきたいとのこと。
あいにくの強風のため、やや遅れたものの、
ANA羽田発岡山行きは無事に旅立っていった。
【引用元:Impress Watch】
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d127e9c39d4a03a5e8e8ceffef781bcc0ce8197

飛行機輸送が安価で出来ることは良いと感じます。
トラックより安くという点で、その基準の運賃が
気になります。適正な運賃にするために運賃アップを
国内では進められていますが足かせになるように
捉えられてしまう可能性も少し感じます。
一昔前と違い現在は当日12時までに注文したら
当日に出荷して翌日に届くといったように注文時間の
締め切りが遅くなっており時間が非常にタイトで
夕方ギリギリの集荷が蔓延している事です。
そこから後々に少しずつ影響が出ています。
全体的な見直しが必要であると感じます。
長距離輸送に利用できる手段はトラック以外のものは
ドンドン活用するべきだと考えます。
飛行機・船・鉄道など。
2024年問題を解決して円滑に回るようになるのが最優先事項では
ないかと考えます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました