価格転嫁、運送業で悪化

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

発注企業調査で 公取委・経産省

 公正取引委員会と経済産業省は18日、発注側企業を
対象にした価格転嫁に関する調査結果を公表した。

 それによると、下請け企業によるコスト上昇分の
価格転嫁を「おおむね受け入れている」と回答した
企業の割合は、道路貨物運送業45.5%と全業種の中で
最低だった。道路貨物運送業は約1年前の前回調査でも
最低だったが、今回さらに2.9ポイント悪化した。

 一方、全業種の平均は84.5%だった。前回調査で
低水準だった番組制作などの映像・音声・文字情報制作業や、
ソフトウエア開発の情報サービス業では改善が見られた。 
【引用元:時事通信】
https://news.yahoo.co.jp/articles/311230f8d5d3aa46e13d0c80c44176c95b157fac

価格転嫁を「おおむね受け入れている」と回答45.5%で
全業種で最低・・・
これは厳しいですね・・・
受け入れないという企業は、値上げを言わない企業を
転々と利用されるのでしょうかね!
これが運送業の実態ですね・・・
この状況が改善傾向になければいずれ仕組みが破綻しますね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました