トレーラーとは違うからけん引免許も不要!

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

ドライバーもラクになり2024年問題も解決できる

トラックの「スワップボディ」って何?

■いまトラック業界で注目を浴びているスワップボディ

■2024年問題解決の一助になると考えられる

■スワップボディのメリット・デメリットについて解説

トラックドライバーの拘束時間を大幅に短縮できる

トラック業界で注目を浴びているスワップボディ。
端的にいえば、パワートレインやシャシーから、簡単に分離できる
ボディ(荷台)のことだ。トレーラーとの違いは、荷台部分を
牽引するのではなく、シャシーに乗せるという仕組みになっていること。
それも脱着に別途特殊な設備を必要とするのではなく、
車両に搭載された装置によって自力で行えるのである。

最大のメリットは、トラックドライバーの負担軽減が図れることだ。
従来、トラックの運行は出発地でトラックドライバーが荷積みを行い、
到着地まで走行してから荷降ろしをするところまでが一連の業務に
なっていた。しかし、スワップボディであれば、コンテナのように
荷台ごと出荷・納品をするので、荷積みや荷降ろしは倉庫側で
行うことになる。すなわち、トラックドライバーの拘束時間を
大幅に短縮できるので、2024年問題解決の一助になるわけだ。

さらに、長距離輸送の場合であれば中継地を設け、そこで荷台の
入れ替えを行うことが可能になる。すると、たとえば大阪から
出発したトラックは、名古屋の中継地でその荷台を降ろし、
新たに大阪行きの荷台を搭載して出発地に戻ることができるのだ。
運んできた荷台は、東京から来たトラックが受け継いで運ぶという
運行スケジュールになるから、トラックドライバーが外泊(車中泊)
をしなくても済むのだ。自身の家でゆっくりと休めるようになれば、
疲労感も大きく変わってくるに違いない。

また、スワップボディはコンテナのような器をトラックに積載する
イメージだから、トレーラーのように車両の扱いを受けない。
すなわち、荷台部分は車両登録や車検はもちろん、自動車税などの
税金もかからないのである。運転の難易度はトラックと変わらないし、
当然のことながら牽引免許の必要もない。

大きな課題はコストの上昇か

とはいえデメリットもある。まず挙げられるのは、
現行のトラックがベースとなるものの、脱着にかかわる装置などが
必要となるために、車両コストが上昇することだ。それは物流施設も
同様で、脱着スペース・荷台留置場などに充てる敷地や、
スワップボディに対応可能な設備・人材を用意しなければならない。
ただ、これらのほとんどはイニシャルコストなので、
ランニングコストが抑えられれば、回収が可能なのではないだろうか。

近年、スワップボディに取り組んでいる企業が増えつつあり、
その1社である日本トレクスが「ジャパンモビリティショー2023(
場所:東京ビッグサイト/主催:日本自動車工業会)」の
日本自動車車体工業会ブース内に出展をした。物流の 2024 年
問題解決に貢献する製品として、冷凍機能を持たせた
スワップボディ(コンセプト)を展示。ドライバーの運転業務と
荷役業務の分離による働き方改革のほか、製品の利便性・輸送効率向上
といったメリットを紹介した。

同社ではすでに、スワップタイプのバンボティやアオリ付きボディを
商品化し、荷物に合わせて新たな選択肢を提供している。
これに、ショーで展示されていた冷凍タイプが加われば、
輸送可能な荷物の幅も広くなってくるだろう。
2024年問題はすぐそこにまで迫っており、国土交通省も
総合政策局物流政策課が主管して検討会を開くなどしている。

一刻も早くインフラを整備して、スワップボディの導入促進を
図ってほしいものだ。
【引用元:WEB CARTOP】
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/a8194e36bb992fa0f5ca7b6c216b7c8eda288ffb/

「スワップボディ」今後の物流でスタンダードに
なるかもしれませんね。
置き場所を確保できる物流施設であれば
物流側も扱いやすく便利ですね。
ドライバー不足の一助になると感じます。
ドライバーの負担が減るという点では
良いのですが、ドライバーが減ることに対しては
別の策が必要ですね。
残業などの手当を含めて稼いでいた実態がありますが
今後は稼げないから離職する方を抑止できません。
諸々の問題を解決するために起こる
物流2024年問題ですが解決への道は
非常に険しいですね。
崩壊と表裏一体です。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました