トラックドライバーにとって苦行だった!

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

かつては過酷でしかなかった物流倉庫が快適施設化しつつある理由とは?

この記事をまとめると

■トラックドライバーにとって物流倉庫は
荷物の受取や配送を行う仕事場だ

タイヤが地面に着かず浮かんでいる! 
トラックの「謎機構」の正体とは

■運営者側の都合により空調を備えていない
倉庫も多数存在する

■かつては過酷だった物流倉庫の状況も
近年は考え方が変わり始めている

信託銀行が所有するケースも増えてきている

トラックドライバーにとって、物流倉庫は荷物の受取や
配送を行う仕事場だ。トラックを走らせている運輸事業者が
運営する倉庫もあるが、ほとんどは製造事業者・小売事業者・
卸売り事業者・倉庫業者などが運営しており、
それぞれに細かなルールが定められている。

たとえば、着荷時間を厳守することが厳しく求められ、
到着が早ければ場外で長時間待機せざるを得なくなり、
遅くなると入場を拒否されるといったことも少なくない。
あるいは、トラックバースにある床やプラットフォームの
高さや隙間などが、トラックに合致していなければ台車などが
使用できないことがあり、手作業で荷物を運ぶはめに
なる場合もあるのだ。

こういった慣習は、倉庫運営者側の都合によることが
ほとんどである。倉庫用地を有効に活用するために
トラック待機場を少なくするとか、建築費用を抑えるために
プラットフォームを簡便化するなど、あくまで倉庫運営の
効率化を優先しているとしか言いようがない。
地球温暖化が進んで夏場の気温は天井知らずに上昇しているが、
こういった理由から倉庫やトラックバース近辺に、
空調を備えていないケースが多数あるのは周知のとおりだ。

ところが、ここ10年ほどの間にこういった考え方に
変化が表れ始めた。その理由は、物流の「2024年問題」に
代表される人手不足もあるが、物流施設が投資対象に
なってきたことも大きな要因になっている。
先にも述べたとおり、それまでの物流施設は倉庫運営者が
所有していることも多かったのだが、最近は信託銀行が
所有して複数の投資家から資金を集め、
施設を建設&運営するというやり方がとられるようになってきた。

現在のトレンドは「みんなが幸せになる」事業への投資

基本的に、投資家は投資に際して回収を目論むものだが、
バブル経済期のような短期で自らの利益だけを追うような、
ハゲタカファンドは影を潜めた。現在のトレンドは、SDGsに
沿った「みんなが幸せになる」事業への投資なのだ。
そうなると、当然のことながらトラックドライバーや
倉庫作業員に、負担を強いる運営システムや、環境のことを
考えていないような施設は支持をされない。
逆に、環境対策をしていたり、労働環境の改善に取り組んで
いたりする施設のほうが、投資対象として
検討されるようになってくるのである。

そこで注力されるようになったのが、大型トラック向けの
駐車場/待機場/プラットホームの増設だ。
また、多層階倉庫の場合はランプウェイ式にするなどして、
トラックドライバーの負担軽減や着荷・
出荷時間の短縮化を図っている。

さらに、倉庫内の機械化やDX化を進めて、
作業の合理化・効率化につなげているのだ。ソフト面では、
敷地内に休憩所/コンビニエンスストア/食堂/
スポーツジム/シャワールームなどを設け、
福利厚生に注力する施設も出てきた。

一方、トレーラーやスワップボディを使用した中継物流や
荷台納品・出荷といった、新たな運送方法に対応した
物流施設も、今後ますます増えていくことになるだろう。
同様に、トラックのEC化/ハイブリッド化/CNG化/
水素化などに合わせて、充電設備やそれぞれの
燃料供給拠点の併設も検討されているという。

これからの物流施設は単なる倉庫としての機能だけではなく、
輸送のためのインフラとして進化していくのではないだろうか。
【引用元:WEB CARTOP】
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/a384e2ff48b427b75aa43661c437dfd1bbd88aed/

最新のマルチテナント型の大型物流施設は
設備が豊富で快適な部分が多々あります。
ドライバーの休憩室やシャワールームや
コインランドリーや無人型のコンビニなど
滞在するために快適な環境が備えられています。
食堂もテラスになっていたりすることもあります。
施設内で働く方々が快適に過ごせるように
工夫されています。
シャワールームとコインランドリーは
大変ありがたいですね。

倉庫内についても高床式が多く採用されており
トラックバースも多台数が利用できるようになっております。
バース部分も保管スペースとなって一部しか利用できない
倉庫もありますが(汗)
一昔前と比べると倉庫従業員もドライバーも環境が
良くなっているのは明白です。
後は運用をしっかりして待機時間削減に取り組むことが
重要となってきますね。
稀にあるのはドライバーの都合で予定時間よりも
大幅に早く来て待機時間について文句を言う
ドライバーがいます。
会社がちゃんと指示していなかったり、ドライバー個人の
都合で動いていたりのどちらかです。
これを待機時間といわれていたら話になりません。

今後は物流側においては荷主様より出荷指示を
早くもらうようにして準備を早めていく必要があります。
そうでなければ待機時間が発生してしまいます。
増員で対応する事は長続きしませんので
仕組みを変えていくことが肝要です。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました