「翌日お届け」や「配送料無料」が制限される可能性も

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

ネット通販利用者にも打撃か 物流の2024年問題

ネット通販で「翌日お届け」や「配送料無料」を
よく利用する人も多いだろう。
だが、業界関係者は「無制限のサービスは提供できなくなる
可能性がある」と打ち明ける。トラックドライバーの
時間外労働を制限することで予想される”物流の2024年問題”
の影響や対策を取材した。

【画像】「翌日お届け」「配送料無料」が制限される
可能性も…物流2024年の影響

「翌日」「無料」配達が制限される?
ネット通販などを使う時によく目にする
「翌日お届け」や「配送料無料」といった文字。

街で聞くと「ネットショッピングや息子に荷物を送る時に
利用するが、すぐ次の日に届くのはすごく便利」
「単身赴任しているので置き配で使う。便利だと思う」と好評だ。

静岡県トラック協会・佐野寛 会長は「翌日配送や
配送料無料などのサービスは、これまでトラックドライバーが
昼夜を問わず走り続けてきたからこそ成り立ってきた側面があり、
これからは無制限のサービスは提供できなくなる可能性がある」
と打ち明ける。

輸送能力3割減 荷物が運べない
私達の暮らしを支えている物流の現場で今、
懸念されているのが「2024年問題」だ。

これまでトラックドライバーの長時間労働が問題と
なってきた物流業界。労働環境の改善を目的に
2024年4月から時間外の労働時間が年間960時間に
制限された。労働時間の基準を定めた「改善基準告示」も
改正され、拘束時間なども変更に。1日の拘束時間は
最大16時間から最大15時間となり、次の出勤までに
取らなければいけない休息時間は8時間から11時間となった。

静岡県トラック協会は、労働時間が短くなることで
運行回数が2割ほど減ると予測する。
佐野寛 会長は「そのまま回数だけを減らすと稼働率が下がり
運送収入が減る。経営をどうしようかというのが、
我々の業界に与える影響」と話す。

国の推計によると2024年問題に対して対策をしなかった場合、
2030年には輸送能力が約34%不足し、年間9億t相当の
荷物が運べなくなるとされている。

ドライバーも「よろしくない」
こうした背景から、警察庁は総重量が8t以上の
トラックについて、高速道路での最高時速を80kmから90kmに
緩和することで、輸送効率の向上につなげようとしている。

一方で、ドライバーの高齢化や収入減少による深刻な
人手不足への対応が求められている。
県トラック協会によると、静岡県のトラックドライバー
約3万9000人の年齢分布をみると、45歳以上が72%だ。

時間外労働時間の上限規制による2024年問題について
ドライバーに聞くと「待ち時間があるので決められた時間で
仕事を終わらせるのは厳しい。安定した収入が入るならいいかな」
「個人的にはあまりよろしくない。
僕らドライバーは何もできないから言いなりになるしかない」
と返ってきた。

「中継輸送」でドライバーの負担軽減
静岡県袋井市の物流会社「遠州トラック」は約700人の
ドライバーを抱え、北海道から九州まで配送を行っている。

人材不足が懸念されている中、例年20人程度の新卒採用を
行っていて、2024年度も18人の新入社員を迎えた。

若い働き手も注目しているのが「中継輸送」という
取り組みだ。1つの運行行程を複数人のドライバーで分担する。

中間地点でトラックを乗り換えたり、荷物を積み替えたり
することでドライバーがこれまで2日間かけていた運行を
日帰りで可能にする。1人当たりの輸送距離を削減され
ドライバ―の負担軽減にもつながる。

大型トラックやトレーラーを約30年以上運転してきた
ベテランドライバーも「車中泊や長時間の運行に伴う
疲労から解放された」と評価している。

大型ドライバー歴 約30年の徳増晃さん:
(身体への負担が)全然違いますよね。(従来のやり方だと)
トラックの中で風呂にも入れず汗をかいた状態で
身体だけ拭いて着替えて仮眠をとることが若い人たちに
耐えられるかな…日帰りにすることによって、
すごくよくなるのでは。若い人にとっても(運送会社に)
入りやすくなるのかな

ドライバー不足解消に工夫いろいろ
また、遠州トラックでは運行記録や労働時間についても
全てDX化することで正確に管理している。
トラックが今どこにいるかを表示する画面を見せてもらった。

荷物を積んだトラックは赤色の矢印で、積んでいない
トラックは緑色の矢印で示され、走行ルートも記録される。
トラックの現在地がわかり、帰社までの時間が把握できる。
担当者は「4月から勤務時間が非常に厳しくなってくるので、
それに応じた運行指示を出している」と話す。

物流業界では異なる製品を同じトラックに積み込む
「共同輸送」や長距離の移動に適した「貨物専用フェリー」、
一度に2台分の荷物を運ぶことができる「ダブル連結トラック」
などドライバー不足を解消し安定的な物流を実現する
取り組みが進められている。

静岡県トラック協会の佐野寛 会長は「ポジティブな捉え方をすれば、
これが実現すれば、ドライバーの労働環境は飛躍的に改善する。
空いた時間ができればスキルアップにもつながるわけで、
業界全体として考えれば働き方改革は何としても
実現させなければ将来はない」と前を向く。

一方、利用者である私たちも2024年問題の解決に
協力できることがあるかもしれない。

荷物を受け取る際に宅配ボックスや置き配を利用したり、
まとめ買いで注文したりすれば、トラックによる再配達や
運行回数を減らすことができそうだ。
【引用元:FNNプライムオンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/94022d0e2649a40b77f31453ad2383c6b5cb65b4

一旦制限するのは良いと考えます。
今までの無理をリセットして再構築してから
出来ることを粛々とするのが良いと考えます。
ネットで買い物はこれまでもしてきましたが
翌日着で急ぎにて頼むことはありません。
必要なものは早めに注文もしくは急遽必要なものは
実店舗へ足を運びます。
崩壊する前にリセットして立て直す時期だと考えます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました