45都道府県で「採用予定数割れ」

Labor-shortage.jpg ニュース

公務員不足、急速に悪化

 47都道府県が2023年度に実施した職員採用試験で、
採用予定数を満たす合格者を全ての職種区分で確保できたのは
大阪府と兵庫県にとどまり、45都道府県で「採用予定数割れ」が
生じていたことが、毎日新聞のアンケートで判明した。
特に土木や獣医などの技術・専門職で目立ち、一部の自治体では
工事発注の遅れなどの影響が出ている。

 都道府県で急速に進む採用難の実態が明らかになった形で、
8割にあたる37都道府県では、19年度より採用予定数割れの
職種区分が拡大した。人口減少に伴い、今後更に公務員の確保が
難しくなることが予想される。

 毎日新聞は23年11月、「大学卒業程度」を対象とする
直近5年(19~23年度)の職員採用試験についてアンケートを
実施し、全ての都道府県から回答を得た。

 自治体ごとに行政職や技術・専門職などの採用区分は異なるが、
全ての都道府県が直近5年で「採用予定数割れとなった
区分があった」と回答した。

 23年度は、大阪府と兵庫県を除く45都道府県で
採用予定数割れが生じ、このうち38道県では他の自治体や
民間企業に流れる「採用辞退」があった。

 採用が難しい職種区分について複数選択で尋ねたところ、
土木(46自治体)▽獣医(44自治体)▽林業(32自治体)
▽建築(30自治体)▽電気(30自治体)――などが多かった。
10自治体は一般行政職の採用も厳しくなっていると答えた。

 行政運営や住民サービスへの影響を聞いたところ、
山梨、和歌山、沖縄の3県が「既に影響が出ている」と回答。
39道府県は「現時点で影響はないが、今後影響が出る懸念がある」
と答え、「影響はない」は4県にとどまった。【横田愛、菅沼舞】
【引用元:毎日新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/1464554f70d071e07d4f2e7fedda210dd795655d

公務員採用で定員割れになる時代に
なっているのですね。
技術・専門職の場合は都道府県により発生するのは
わかりますが一般行政職も厳しくなってきているのですね。
山梨、和歌山、沖縄の3件は既に影響が出ているとのこと。
少子化が進む昨今としてはどの業界も人員不足が進んでしまいます。
特に人材の取り合いは激しくなりそうですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました