“明確な増税キター”

kouseinenkin.jpg ニュース

厚労省が厚生年金の保険料増提示に

ネット「こう来るかぁ」「いよいよ始まった」

 厚生労働省は26日、会社員らが加入する厚生年金に関し、
高所得者の保険料を引き上げる案を社会保障審議会
(厚労相の諮問機関)部会に示しし、ネット上では
「明確な増税キタッー」などと大きな反響を呼んでいる。

 月収66万5000円以上の人が引き上げの対象となる。
現行は月収63万5000円以上で保険料が頭打ちとなっている。
保険料収入の増加で年金財政を改善させる狙いで、
政府は2024年末までに結論を出す。

 厚生年金の保険料は月収が多いほど増える仕組み。
月収に応じて32段階の等級があり、最も高い等級の
月収63万5000円以上で保険料の上限となっている。
対象者は加入者全体の6・3%の約264万人。
厚労省は月収66万5000円以上で新たな等級を設け、
保険料の引き上げを検討する。将来受け取る年金額は増える。

 この定時にインターネット上では、X(旧ツイッター)で
「月収66.5万」がトレンド入りするなどし、
「賃上げ要求後に、保険料(≒税)を増す。全ての行動は、
増税につながっているのか???」
「賃上げ賃上げ騒いで賃上げしたら徴収額を増やします~」
「また引き上げかよ!って思ったら月収66.5万円以上だけか」
「頑張って働いたら搾取されまくる日本」「いよいよ始まった」
などの声が上がっている。

 健康保険組合など同様に会社員が加入する公的医療保険では、
等級がより多く50段階で設定。最も高い等級は
月収135万5000円以上となっている。
これを念頭に、部会では「負担能力に応じて保険料を
払うようにすべきだ」などと賛同する意見が出た。

 一方、保険料を負担する企業側の日本商工会議所の委員は
「人手不足の中で賃上げをしようとしている企業努力に水を差す」
とけん制した。経団連の委員も「(負担増となる人への)
配慮が必要だ」と強調した。
【引用元:スポニチアネックス】
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ea28de9eaf677f93eda66a9025135e378e08140

実質的な「厚生年金の保険料増」ですか・・・
その他項目でも徐々に徴収が増えていきそうな
感じがしますね。
賃上げしても徴収が増えれば手元の残る
お金は増えませんね。
厳しい状況がこの先ずっと続きそうな
状況ですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました