いよいよくる「2024年問題」の解とは

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

共同配送のパイオニア企業で見たもの

家でポチっとすると日用品やら食品やらいろんなものが
待つ間もなく届く。便利な世の中になったなぁなどとのんきに
思っているわけだが、物流はいうまでもなく我々の生活や
経済活動を支える社会インフラだ。
その物流業界をとりまく2024年問題が取り沙汰されてきたが、
いよいよその年がやってきた。

2024年問題を簡単に説明すると、働き方関連法の一環として
ことし4月1日からトラックドライバーの時間外労働時間の
上限規制が施行される。かねてからの少子高齢化による
ドライバー不足、コロナ下で急増した物流量と相まって、
今年国民全体が直面する問題。新聞紙面でその対策を目に
する日も増え、自動運転が検討されていたり、
効率的な輸送ルート解析にデジタル技術の活用が進み、
衣類やオムツ・生理用品はそれに含まれる空気を
ぎゅっと圧縮してカサを小さくする技術が登場したり、
様々なテクノロジーに可能性を感じる。

国土交通省は1.商慣行の見直し2.物流の効率化
3.荷主・消費者の行動変容を提言している。
具体的には、全国の物流拠点や物流網の再構築と輸送の
共有化が分かりやすく効果が大きそうだ。

輸送手段の共有化、メーカー各社から個別の消費者までの
輸送ルートをそれぞれバラバラではなく、
3PL(サードパーティーロジスティック)などが間に
はいることで、なるべくまとめて効率化する、
という考え方だが、これを業界では「共同配送」というそうだ。

この共同配送事業の草分けで、1990年代から共同配送に
取り組むのは、東京都足立区に本社をおく
ライフサポート・エガワ(以下LSE)だ。
LSEが行っているのは、お菓子の共同配送といって、
自社倉庫にメーカーから運ばれてくる商品を在庫として
一時保管し、顧客からの指示に応じて全国各地の
物流拠点へ配送するというもの。

LSEは1992年に日本で初めてお菓子の共同配送事業を始めた。

なぜ共同配送を思いついたか、江川哲生社長に話を聞いた。

「自然とできた仕組みです。LSEの前身の江川運送では
1962年の創業当初からトラックドライバーにあいさつや
気配りのような社員教育を熱心に行っていました。
ある時から荷受けサイドの小売店から荷主であるメーカーに、
今後の物流は江川運送に統一して欲しいとの依頼が
増え始めました。その理由は、江川運送のドライバーは
荷物の取り扱いが丁寧だし、仕事も早い。
早めに到着したら荷受け場の掃除をする人までいる、
というものでした。

当時はまだトラックドライバーさんにはガラの悪いイメージが
あった時代で、マナー教育の行き届いた江川運送のドライバーの
振る舞いは目立つものだったようです。
小売店各社がメーカーに江川運送のドライバーを名指しで
依頼しはじめたおかげで、誰かが意図したわけでも、
特に営業活動をしたわけでもなく、自然と当社の倉庫に
貨物が集まり、共同配送の仕組みが出来上がりました」

共同配送はCO2削減にも貢献
共同配送による効果は単に物流の効率化だけにとどまらず、
CO2削減にも貢献する。LSEでは、2021年に政府から
出されたCO2排出削減ガイドラインに基づいて、
同社の共同配送による削減効果を検証したところ、
47%のCO2削減効果があることを確認した。
このことによって21年度グリーン物流パートナーシップ会議
「物流構造改革表彰」を受賞した。

2023年からは顧客を巻き込んで、CO2削減量の可視化
サービスを開始。これによって23年度にはガイドラインでの
検証によって89%の削減効果を確認することとなり、
23年度グリーン物流パートナーシップ会議
「物流DX・標準化表彰」を受賞している。

筆者は興味津々でこの会社の倉庫・物流拠点を見学に行ったが、
目立ったのは女性が多いこと。フォークリフトに乗って
倉庫内の荷物を動かすのは大卒の女性社員だった。

「この仕事はすごく頭を使います。季節や社会情勢によって
需要が増える商品が予測できます。実際の注文が来てから
在庫の移動をするのでは、午後や夕方に仕事が立て込みますが、
自分でたてた予測に基づいて作業をすることで
午前中から~夕方まで平均して作業が可能になります。
このような仕事の裁量は全て担当者自身にゆだねられています」
と理路整然と語ってくれた。
力しごとなのでは?男性の職場なのでは?と、
こちらの予想の正反対だった。

例えば「今週末は天気が良さそうだし、運動会シーズンでもあるから
あのお菓子が100個程度の注文がくるかな」と予測したら、
先に90個は出しておき、実際の数量が確定したあとには、
数量の微調整を行うのみ。ということだそうだ。

倉庫内のどこに何を置き、どういう順番で出すのか、
20代の女性が倉庫内の棚のレイアウトをデザインしている。
当日の仕事量の予測に応じて午前の休憩を長めにとっておき、
お昼休みは短めにするなどと自身の働き方もデザインしている、
と社員が語る姿がまた誇らしげだった。

誰かが指示したわけでなく、本人がこうした方が良いと判断し、
上司はそれを許可したのみだという。自立型・自律型だ。

なぜそのようなことが可能になったのかというと、
創業の頃と変わらず社員教育を大切にしているからだ。
エガワアカデミーという教育制度やOJTによって三方よしの
精神・理念が浸透しているし、管理職以上の朝礼にも全社員が
オンラインで参加できることから経営ビジョンや経営課題の
共有もなされている。このような体制のため、社員が効率化に
対して自由なアイデアを出し、実行することができるという。

「理念の浸透、言うは易しだけれど、他社では苦労している
ところも割と多いですよ」という筆者の問いかけに対して、
江川社長は同社の研修の一例を紹介してくれた。

「新入社員は毎年農業研修をしています。
田植えをして稲刈りをして精米してそれをトラックに乗せて、
創業者の頃からご支援している滋賀県の障がい者支援施設まで
お届けしています。自分で作り、運び、届ける。
1年を通してこれを経験すると荷物を雑に扱うなんて
できなくなるんですよ。運ぶのは一つの箱だとしても、
作り手の想い、受け取る方の笑顔、それをつなぐという
我々の使命を実感することができます」

日本は課題先進国であり、今まさに大きな課題に直面する
物流業界からの学びは大きい。時代を貫く不断の人材育成で
経営の基礎体力を養い、次々に訪れる変化に柔軟に
対応することで、自社を新しい姿にアップデートしている。
課題解決の先進事例と感じた。
自社に翻り、決して変えないものは何か、変えたって
構わないのに固執してしまっているものはないか、
この機会に見回してみたいと思う。
【引用元:Forbes JAPAN】
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc3646f792049c56d847e3ba2df077305c47ce08

共同配送においては、これから各メーカーや
物流会社及び運送会社での運用が増えていくことに
なると思います。
共同配送により無駄の削減が出来て効率的な
運搬が可能となります。
特に地方などは確実に増えると思います。
地方などから率先してやっていく必要があります。
宅配便も共同配送が増えていくと思いますので
お届けまでのタイムラグの調整は必須になるでしょう。
この調整をするだけでも大きな効果が見込めます。
「荷物を運べない」が最悪な状況となりますので
今まで無理をしていたお届けまでのリードタイムを
調整して無理なく運べるようにしていかなければ
なりません。
小売業界もライバル企業を問わずに共同配送が
徐々に増えていっています。
やはり運搬に無駄が生じますのでそこでの
輸送コストを抑える事とドライバー不足への
対策として重要かと感じます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました