政府「セキュリティー・クリアランス制度」法案

Information-leak.jpg ニュース

「重要経済安保情報」漏えい、5年以下の拘禁刑

 政府が経済安全保障分野の機微情報に触れる権限を
民間人らに付与する「セキュリティー・クリアランス
(適性評価)制度」を創設する法案の全容が判明した。
政府が保有し、漏えいすると安全保障に支障を与えうる
情報を新たに「重要経済安保情報」に指定する。
漏えいした場合の罰則は5年以下の拘禁刑などとした。

 法案の名称は「重要経済安保情報の保護及び活用に関する法律」。
「経済活動に関して行われる国家及び国民の安全を害する
行為を未然に防止する重要性が増大している」
と情報保全の必要性を強調した。

 重要経済安保情報に指定されるものとして、水道や鉄道などを
念頭に「経済活動の基盤」であるインフラに関する情報を挙げた。
外国のサイバー攻撃から守るための計画、
研究が念頭にあるとみられる。

 「革新的な技術」も対象としており、人工知能(AI)などの
情報が該当するとみられる。民間企業にとっては情報取り扱いの
資格を持つことで、これらの分野で国際共同研究に
加われる利点がある。

 指定の有効期間は5年間で、更新可能とした。
通算の有効期間は30年間で、内閣の承認を得れば、
さらなる延長も可能とする。

 法案には、犯罪・懲戒歴や情報取り扱いに関する経歴などを
調査し、問題ないと判断すれば、政府職員や情報提供を受ける
民間企業の従業員が重要経済安保情報を扱うことができると規定。
調査は本人の同意を得て実施し、
取り扱いの資格は10年間有効とする。

 資格を得て漏えいした場合の罰則は、最大で5年以下の
拘禁刑か500万円以下の罰金、またはその両方とした。
法案には「国民の基本的人権を不当に侵害するようなことが
あってはならず、報道または取材の自由に十分配慮
しなければならない」とも規定した。
【引用元:讀賣新聞オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ada1bf7f45faf23d31a4447ade7910aff7542e6

情報漏洩に対しては厳しい処罰が必要です。
漏洩によってすべてが台無しになることもあります。
処罰が低いとそれ以上の対価により簡単に情報を
出す者及び買う者が発生します。

個人情報の漏洩についても散見しますが
罰則が緩い事と漏洩した際に得る対価が
勝るから発生してしまいます。

昔と違い現在は情報社会ですので
その情報を守るために法律の見直しは
必須だと考えます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました