高速道路料金も「変動制」導入

highway.jpg ニュース

来年度から全国的に順次拡大[新聞ウォッチ]

最長10連休となったゴールデンウイークも終わり、
“休み疲れ”のなか、きょうから仕事という人も多いことだろう。
大型連休最終日のきのう(5月6日)も帰省や旅行を
楽しんだ人たちが帰路を急ぎ、東名高速や東北道、中央道などの
上り線でも10キロ以上の渋滞が発生したという。

【画像全2枚】

そんなタイミングを狙って、政府が意図的に情報を流したとも
思えるのが、高速道路の料金を時間帯などで変える
「ロードプライシング」を2025年度以降、全国へ本格導入する
方針というニュースだ。読売が6日付けの朝刊に1面トップで
報じたほか、きょうの日経も追随して「高速料金変動制全国に、
渋滞緩和へ政府来年度から順次拡大」などと、取り上げている。

それによると、政府が6月にまとめる予定の経済財政運営と
改革の基本方針(骨太の方針)に考え方を盛り込む方向で
調整後、夏ごろに国土交通省が審議会を開き、高速道路各社
などとの協議を始めるそうだ。

ロードプライシングは特定の時間や区間で利用料金を上げ下げして、
交通量を調整する施策。交通量の集中を防いで渋滞を緩和するのが
狙いで、21年の東京五輪の期間中に首都高速道路で導入したほか、
現在は、千葉県木更津市と川崎市を結ぶ東京湾アクアラインで
24年度末までの社会実験として行われている。

そのアクアラインでは、自動料金収受システム(ETC)搭載の
普通車で利用料金は800円のところ、上り線(川崎方面)限定で
土日・祝日の午後1~8時は1200円に引き上げ、
午後8時~午前0時は600円に抑えている。渋滞が避けられて、
しかも料金も半額になるのは有り難い話だが、割引される時間までの
「コスパ」を考えると良し悪しだろう。

そもそも高速道路は将来的には「無料化」を原則としていたが、
料金体系の見直しでは、首都高速を例にあげれば「大幅値上げ」を
繰り返すなど、むしろ逆行している。読売によると
「料金を安くする場合、最大で現在の半額とする方向だ」
とも伝えているが、本質的な議論を先送りしての料金体系
見直しでは自動車ユーザーも納得できない。
【引用元:レスポンス】
https://news.yahoo.co.jp/articles/41fa30c084da12ba7508feae66d46f9dd72b3bf2

やり方によってはかなりの不満が出そうですね。
高速料金ですが、実態の調査から物流問題も踏まえて
改革をしていただけると助かります。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました