阪神高速の料金が「大変化」する!?

highway.jpg ニュース

「深夜割引」開始! 最大料金は大幅引き上げ!

「大口割引」拡充!? いったいどうなるのか

■深夜割引が新設、ほかにも大きな変化

阪神高速道路とNEXCO西日本は2024年4月1日、
阪神高速を中心とする近畿圏の高速道路で、
料金システムの変更をおこなうと発表しました。
変更は6月から。

【画像】悲報!? それとも朗報!?
衝撃の「料金システム変更」わかりやすい解説図を見る

利用のしかたによって、割高になったり、逆に割安になる
場合があります。料金はいったいどう変化するのでしょうか。

この変更は、料金徴収の公平化や混雑緩和など、さまざまな
課題を解決するために導入されるものです。
詳細は以下のとおり。

●阪神高速で「上限料金」引き上げ(従量課金の幅が拡大)

いままでは、32.3km以上乗る場合、どれだけ乗っても
上限料金で一定(普通車だと1320円)でした。

これが6月以降、51.7kmまで従量課金となり、
上限料金は1950円となります。

ただし、大阪都心部から関西空港へ行く場合、
この引き上げがモロに財布へ影響してきます。
そのため「激変緩和措置」として、この移動のみ
現行の料金のままとなります(普通車だと1320円)。

●大口・多頻度割引の拡充

上限料金の引き上げの代わりに、
こちらは割引率が高くなります。

ETCコーポ―レートカードで例えば「1か月あたり
3万円より多く」使う場合、これまでは「20%割引」
だったのが、6月以降「25%割引」と、
さらに割安になります。

さらに、湾岸線・神戸線(月見山~摩耶)など特定区間のみ
「1か月あたり1万円より多く」使う場合、追加で
「5%割引」が上乗せされているのが、6月以降「10%割引」へ、
さらに割安となります。

これに「契約単位割引 10%」を合わせれば、
最大の合計割引率は「35%→45%」へ引
き上げされることとなります。

●深夜割引の新設

「0時から4時まで」の間に阪神高速へ「流入」した場合、
「20%割引」となります。

●4種類の「迂回・乗継割引」を新設・拡充

「大阪都心迂回割引」は、南は三宝JCT(4号湾岸線)から、
北は吹田JCT(名神)・門真JCT(第二京阪)・
東大阪JCT(第二阪奈)へ抜ける場合、割高だった
「大和川線・近畿道ルート」を使っても、
「阪神高速(都心経由)」と同じ料金で計算するものです。

「神戸都心迂回割引」は、西は伊川谷JCT(第二神明)から、
東は吹田JCT(名神)・門真JCT(第二京阪)・
東大阪JCT(第二阪奈)・松原JCT(西名阪)・
美原JCT(南阪奈)方面へ抜ける場合、割高だった
「北神戸線・中国道・近畿道ルート」を使っても、
「阪神高速(3号神戸線・大阪都心経由)」と
同じ料金で計算するものです。

「神戸都心流入割引」も同様で、神戸の都心部区間から
吹田JCT以遠へ抜ける場合、割高だった
「北神戸線・中国道ルート」を使っても、
「阪神高速・名神ルート(西宮経由)」と同じ料金で
計算するものです。今までは伊川谷以西のみの
制度でしたが、拡充となります。

「大和川線・堺線乗継割引」は、住之江~鉄砲を乗り継ぐ場合、
いわゆる”いったん改札を出る”状態とみなさない制度です。
地下鉄でいえば「西梅田駅と東梅田駅で乗り継いでも、
きっぷ1枚で済む」というものです。

これまでは互いの出入口が近いものの「料金を2度払う」
コスパの悪さが敬遠につながっていました。今回の割引導入で、
湾岸線~大和川線~堺線などの新ルートが使いやすくなります。
ただし2024年度のあいだは「20時~6時のみ適用」となる予定です。
【引用元:くるまのニュース】
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/e1a284800f3986d377c32dcfd2f7dd44f6202cef/

阪神高速ですが昔は一律料金でしたが
従量課金に変わり割高に感じていましたが
上限料金が引き上げになるとのことで
より割高に感じてしまいます。
しかしながら割引幅が広がりますので
利用頻度が高い方への影響は少ないですね。
休みの日やたまにしか利用しない方々には
辛いですね。
管理・維持するためには必要ですので仕方がないですね。
一律料金だった頃が懐かしく感じました。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました