12月21日から警報級の大雪恐れ

frozen.jpg ニュース

佐賀県など九州北部、冬型の気圧配置強まる

 佐賀県を含む九州北部地方は21日から翌22日にかけて、
冬型の気圧配置が強まることが予想されている。
佐賀地方気象台は警報級の大雪になる恐れがあるとして、
路面凍結などの交通面や農業施設の管理への警戒を呼びかけている。

 佐賀地方気象台によると、21日から九州北部地方の
上空約1500メートルに平年より約10度低い
マイナス12度以下の強い寒気が流れ込んでくる見込み。
佐賀県で予想される24時間降雪量は、21日午後6時までで
山地が5~10センチ、平地は1~5センチ。
22日午後6時まででは山地10~20センチ、平地5~10センチ
となっている。雪が同じところで降り続いた場合、
警報級の大雪となる恐れがあるとして注意を促している。
【引用元:佐賀新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9d009294cc95036baa118bd5b6223d01acd347c

「警報級の大雪恐れ」となっておりますので
皆様ご注意ください。
早朝の通勤時が一番危険ですのでいつもより
早めの出発で慎重な運転を心がけましょう。
飯塚方面は大雪になると「陸の孤島」になるので
大変困ります。
状況に応じて早め早めの行動が必要ですね(汗)

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました