ふたご座流星群ピーク

Gemini.jpg ニュース

今夜はここ数年で最も多い流星数1時間70個の可能性 天気は

三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が明日15日4時頃に
極大となります。今日14日夜から明日15日の明け方にかけてが
一番の見ごろで、暗い空で見える流星数は、1時間あたり70個に
達する可能性があります。

ふたご座流星群がピークに
明日15日は、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」の活動が
極大となります。極大時刻は4時ごろで、今日14日夜から
明日15日の明け方にかけてが一番の見ごろです。
月明りの影響はなく、条件は良いでしょう。

国立天文台によりますと、空の暗い場所で観察した場合、
今日14日21時頃には、1時間あたりの流星数が30個を
超えそうです。放射点が高い空に達する15日0時から
3時頃においてはさらに多くなり、暗い空で見える流星数は、
1時間あたり70個に達する可能性があると予想されています。
この予想流星数は、ここ数年のうちでは最も多く、
絶好の観察条件とのことです。

また、極大の翌日にあたる明日15日夜から明後日16日明け方も、
空の暗い場所で1時間に15個から20個程度の流星が見えると
予想されています。

今夜の星空指数

今日14日の夜から明日の明け方にかけては、北海道では南西部と
北部は雲が多いですが、東部は晴れて、星空指数は高くなっています。
東北は太平洋側を中心に雲の切れ間があるでしょう。
関東も雲が広がりやすいですが、雲の切れ間はあり、流れ星を
見られるチャンスがあります。東海から九州北部は雲に覆われ、
所々で雨が降るでしょう。九州南部では晴れる時間もありそうです。
沖縄は遅い時間ほど晴れて、流れ星を見られるチャンスが大きくなります。

明日の星空指数

明日15日の夜から明後日16日の明け方にかけては、
北海道や東北、北陸は雲に覆われ、星空観察にはあいにくの
天気でしょう。関東は夜は雲の切れ間があり、流れ星を見られる
チャンスがあります。東海から九州は雲に覆われ、所々で雨が
降るでしょう。近畿や四国では一部で雲の切れ間がありそうです。
沖縄は大体晴れて、星空観察に良いでしょう。

夜間は冷え込みますので、観察の際はしっかりと防寒対策を
なさってください。

流れ星を見つけるコツは?

流れ星を見つけやすくするには、以下の4つのポイントがあります。

① できるだけ、街灯など人工の明かりが少ない場所を選びましょう。
人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔をされて暗い流れ星が
見づらくなり、見ることのできる流れ星の数が少なくなってしまいます。

② できるだけ空が広く見渡せる場所を選ぶことも重要なポイントです。

③ 空の広い範囲に注意を向けるようにしましょう。
放射点の方向にはこだわる必要はありません。
流星群は、放射点(流星の軌跡を逆向きに延長したときに
通る点のこと)のある方向だけに出現するわけではなく、
夜空のどこにでも現れます。空をより広く見渡しているほうが、
より多くの流星を捉えられる可能性が高くなります。

④ 今回は月明りの影響はなく、条件は良いでしょう。

【引用元:tenki.jp】
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c64fb06fc29e50ec3171ef43f098d18e62d4645

今夜は「ふたご座流星群」が見れるのですね!
九州は天気が良くなく見れそうにないです(_)
関東・関西・四国では雲の切れ目でチャンスが
あるようです。
沖縄は天気が良く大チャンスのようです。
福岡はノーチャンスのようですので
後日にYoutubeで配信されているのを探して
子供たちに見せてあげたいと思います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました