ダイハツ不正は「30年以上前から」

fraud.jpg ニュース

国内外・全車種出荷停止の窮地に 「ごく普通の従業員」が手を染めて

国内外・全車種出荷停止に

 ダイハツ工業(奥平総一郎社長)は
2023年12月20日(水)午後、不正行為を調査する
調査委員会(委員長=貝阿彌誠弁護士)の結果を公表。
安全性能を担保する認証試験25項目で、175の不正が
判明したことを明らかにしました。この対応として、
現在国内外で生産されている全てのダイハツ開発車種の
出荷を一旦停止するとしています。

 不正があった車種は、ダイハツブランドのほか、
トヨタ、マツダ、スバルへOEM供給する車種も含まれ、
64車種・3エンジンに及んでいます。

 64車種には18車種の生産終了車も含まれていますが、
現行生産車で不正が判明した車種は2014年から始まり、
最も新しい販売開始時期は2021年12月の6車種でした。
それは以下の通りです。

・ハイゼットカーゴ(ダイハツ、デッキバン含む)
・アトレー(ダイハツ、デッキバン含む)
・ピクシス バン(トヨタ)
・サンバー バン(スバル)
・ハイゼット トラック(ダイハツ)
・ピクシス トラック(トヨタ)
・サンバー トラック(スバル)

 同社の不正は、2023年4月28日に海外市場向け車両で
側面衝突試験の認証不正という形で明らかにされました。
その後、5月19日に国内向け車両でも標識や電柱への
衝突を想定したポール側面衝突試験に不正が拡大して
いることがわかり、調査委員会による調査へと移行しました。

「やむにやまれぬ状況に…」 ずさんな不正行為の実態

 調査委員会は不正の関与について
「現場を担当する主に係長級のグループリーダーまでの関与が
認められるにとどまり(略)、ダイハツが組織的に不正行為を
実行・継続したことを示唆する事実は認められなかった」
と断言しました。その一方で、

「安全性能担当部署及び法規認証室以外の者には
『認証試験は合格して当たり前。不合格となって開発、
販売のスケジュールを変更するなどということはありえない』
というような考え方が強く…」
「不正行為に関与した担当者は、やむにやまれぬ状況に
追い込まれて不正行為に及んだごく普通の従業員である」

 と、不正の原因を分析しました。

 ただ、報告書が記す同社の不正行為は、
かなりずさんなものです。一部を抜粋します。

「運転席側の試験を実施する時間的余裕がなく、
試験成績書には運転席側の試験結果として虚偽の数値を
記載して、認証試験を行った」
「届出試験の時点ではエアバッグECU(電子制御装置)が
開発されていない段階であったため、タイマーにより
作動するように試験依頼表を作成した」

 調査委員会が行った12月20日の会見では、報告書で
1989年から不正が長年行われており、管理職や経営幹部が
知らなかったというのは「調査結果は甘いのではないか」
という質問が出されました。
【引用元:乗りものニュース】
https://news.yahoo.co.jp/articles/a89e6344508ce06f590d4b921d6c96b95b247e96

車の安全性は命にかかわるのですが
30年も前から不正をしていたとは
ほんとに信じられません・・・
さすがにこれは信頼が地に落ちますね・・・
トヨタ、マツダ、スバルへの悪影響も与えています。
2023年は中古車販売業者2社の不正もあり
今回の件も入れると車業界の最悪な不正の年となりましたね。
これは酷いですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました