クレカ不正利用被害額は過去最大、販売業者の嘆きと後悔

fraud.jpg ニュース

ネットで売れたのに…「代金は返金、商品も失って泣き寝入り」

■クレカ不正利用者から商品取り戻すのは困難

 インターネットで商品を販売するEC(電子商取引)
サイトの運営企業が、クレジットカードの不正利用で
代金を得られず、商品も取り戻せない事例が相次いでいる。
不正利用があるとカード会社が取引を取り消し、
代金をカード名義人に返す「チャージバック」を行う一方、
不正利用者から商品を取り戻すのは困難だからだ。
不正利用の被害額は2023年に過去最大の約541億円に達した。
専門家は対策強化を求めている。

【図で解説】クレジットカードが不正利用されたらどうなる?

■被害を受けた酒類販売店経営者が明かす被害実態
 「商品も失って泣き寝入りだ」。長野県の南信地方で
酒類販売店を営む50代男性経営者が被害実態を明かした。
男性はクレジットカード不正利用で商品代金をカード会社に
返した上、商品も奪われた。

■カード会社から代金計計8万6千円余は返金を
 カードの決済代行会社からメールが届いたのは
昨年2月末のこと。2022年末にECサイトで行った
取引の取り消しを求める通達だった。
メールには「過去不正利用で使用された住所との一致が
みられました。不正利用の可能性が非常に高いかと存じます」
とあった。カード会社の規約に基づく「チャージバック」で、
代金計8万6千円余の返金を求められた。
取り消し対象となったのは22年11、12月の2件の取引。
いずれもオリジナル商品の日本酒の販売だった。

■決済が完了していたので追加注文に応じたが…
 11月は埼玉県深谷市の「エノシマ」という人物から
日本酒24本計3万3600円分の注文があった。
エノシマは、この2日前にもウイスキーと日本酒を
計3万4千円分購入。無事に決済が完了していたため、
追加注文に応じた。12月の取引は日本酒で
計5万2800円分だった。
今度は、埼玉県川口市の「カネオ」と名乗る人物。
男性は「当時は新型コロナ禍で売り上げはぼろぼろ。
わらにもすがる思いだった」と振り返る。

■電話は音信不通 転売目的疑うが商品は見つからず
 男性はエノシマらと連絡を取ろうとした。
受注伝票に書かれた携帯電話番号にかけても音信不通。
配送業者からは「商品の受け取りは対面ではなかった」
と返答があった。送り先はいずれも一般住宅とみられる。
男性は転売目的だった可能性も疑い、しばらくはフリマアプリを
検索したり、通販サイトを調べたりしたが、奪われた商品を
見つけることはできなかった。

■「地元の名産を世界に売り出せる」はずが
 販路拡大を目指してECサイトを設けたのは20年ほど前。
コロナ禍以降、個人需要が取り込めるECサイトの役割は増し、
全体の1割ほどの売り上げを占めるようになった。
都内の飲食店からも問い合わせがあり
「地元の名産を世界に売り出せる」と思った。

■「もっと早く対策をしておけば良かった」
 ただ、被害に遭うまでカード決済はカード番号と
有効期限などの入力にとどめており、カード会社の
チャージバックの仕組みも知らなかった。
男性は悔やむ。「もっと早く対策をしておけば良かった」
【引用元:信濃毎日新聞デジタル】
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f0a628f4c36e2b9a0a73e5cedead7f5534c051e

不正利用の被害が後を絶ちません。
日常でクレカを利用する人は気を付けましょう。
情報を盗み見られてネットでいつも間にか購入されていて
知らない請求が来たりすることもあります。
私は利用する場合は細心の注意を払うようにしており
店員などに渡すことがある場合はしっかり観察しております。
ちゃんと見ているぞという姿勢を見せることも
対策になるのではないかと考えております。
世の中が便利になった分、落とし穴がありますので
十分に注意していきましょう。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました